2016年02月22日

同時多発同じ研究の話


"どんなに画期的なアイデアでも、同じアイデアを持っている人が100人いても不思議ではない。こんなことを思いついたのは自分だけだと、全員が思い込んでいるにすぎない。"

という格言(この先に続きがあってそれだと意味変わっちゃうんだけど)があるらしいですが、どんなにいいアイデアを持っていても、それでいい成果が出ていたとしても、自分だけがそれをやっている保証は全くありません。そしてそれを世に出そうと思ったとき、誰かに先を越されてしまえばパーになってしまうのが研究の世界。古くはグラハム・ベルに2時間遅れで電話の特許を申請したため優位性が認められなかったイライジャ・グレイなんかが知られていますが、論文でも同じようなもので、1番じゃないと「発明者」とはなかなかなりません。むろん実用化や効率化も非常に重要なので2番以降はそういうことが重要になってくるわけですが、結局それらは1番の人の業績があって、という話になってしまいます。先行者と同じことを独立してことをやっていても、2番手になってしまえばパクりともいわれてしまい、大概の場合論文としての発表自体ができなくなってしまいます。何年研究にかかっていようがパーです。こんな感じで先に出されてしまって博士の学位がお亡くなりになってしまった話も聞きます。


さすがに論文の世界では数時間でアウトというわけではなく、ある程度時間が近ければ何とかpublishさせてもらえる場合が多いのですが(もちろん緊急事態なので大至急論文化しないといけないわけですが)、今回は無事(?)同時に出すことに成功した(と思われる)世界同時多発類似研究を取り上げてみます。


続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

日本語ダメ(乂'ω')って言われた話

あけましておめでとうございました(過去形?)
今年もどうぞよろしくお願いします。
まあ年初なのでかるーく(ほんとは根詰めて書いてる余裕がないだけ)。

続きを読む
posted by 樹 at 23:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Pacifichem(環太平洋国際化学会議)2015 in ハワイに行って、ついでにNitrogenieにも行ってきた

5年おきにアメリカのハワイ・ワイキキで開かれるPacifichem(環太平洋国際化学会議)に行ってきました。

029.JPG

某会場からのビーチの絵。一応言っとくと水着で発表したりなんかする学会じゃないですよ?


続きを読む

2015年12月11日

CV(履歴書)に査読歴を書く話

あ、今回のはポスドク以上の人向けな感じです。

もう最近は研究室ごとホームページを持ってるのが当たり前の時代ですので、ホームページを見ればその研究室のやってることや最近出した論文なんかも簡単にチェックできます。仕事がわからないようなサイトだったりそもそもホームページがなかったりするともう学生もやってきませんし、全然更新されてないとまた「ここやる気ないな?」とか思われるし・・・(;´'-'`)
それと同時にサイト内にスタッフ個人の業績をアップロードしてアピールすることも容易になりました。今日び研究者もそのまま講座内で居座ってれば上がれるもしくはクビにもならずにずっといられる時代でもないので、自分の仕事をアッピルしとくのも結構重要になってきています。

で、その自分の業績成果をアピールするのに、研究者(だけじゃないけど)がWEB上でCV(Curriculum Vitae, 履歴書)をアップしている人も多いかと思います。履歴書と言っても就活に使うようなテンプレ履歴書を使っている人はいませんので大体MS Wordで好き勝手書いたものを載せている場合がほとんど。てか日本以外だとそんな紙履歴書テンプレなんか使わないから日本の方がアレなんですけどね。あの手書き主義はハンコ文化の次くらいに禁止撲滅しないといけない日本文化だと思ってる私。
それはともかく、逆に何を書けばいいかというテンプレがない分、極めてフリーダムに書くことができます。それでもやっぱり読まれるものにしないといけないのである程度の書き方マナーみたいなものはあるようです。
続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

論文誌が高くなりすぎて

(11/22 20時ごろ、リンクとかCL, BCSJの話とか追記)
以前に論文誌が猛烈に高くなっていることを書いたことがあります。

・論文誌が高すぎて

最近はオンライン購読が多いので、この場合では1誌ごとの購読よりも複数ジャーナルのアクセス権を買うパッケージ販売がほとんどです。このパッケージ価格、2,3誌バラで購読するよりも、いらないジャーナルをバンドルした抱き合わせ商法的パッケージの方がお値段的にお得になっているので大概こういう形で交わされているのが実情です。「ならパッケージ買いの方がお得ってことじゃん?」と思うかもしれませんが、単純に単発購入が異常に高いだけです。

このただでさえ高い費用の上、毎年半端ない値上げを敢行しているために、どうにかして論文コストを下げる対策が世界的急務となっています。この改善策としてオープンアクセスジャーナルとかも一般的になってきましたが、さて現状はどうなっているでしょうか。改善したかって?いやいや全然。むしろついに論文誌購読の放棄が緊急議題に挙げられるくらいのレベルの危機的状況にまでなっています。


続きを読む
posted by 樹 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする