2016年10月08日

第一回国際ナノカーレース2016

(2016/10/8 NIMS日本チーム特設サイトや動画リンクを追加)

ノーベル化学賞が先日発表になりましたね。対象は分子ナノマシンでSauvage, Stoddart, Feringaの三氏が受賞、順当な人がとった印象です。カテナン、分子エレベーターにナノサイズの実際に動く分子自動車などなど、最小のマシンと言えばマシン、おもちゃといえばおもちゃな感じ。



と、そんななかその化学賞受賞者Sauvage教授の地元国フランスで、本ノーベル化学賞対象の研究でもあるナノマシンを使った
第一回国際ナノカー(Nano Car)レース
が開催されるという情報が!なんというグッドタイミング!


続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

2016年ACS社説から〜元素分析・基礎化学の死・筋トレ〜

(2016年9月30日:本庶先生インタビューリンクと、Janis Louieのムキムキ映像を追加)

気が早いですが2016年ももうすぐ終わりですね、進捗どうですか?(ブーメラン

今年もいろいろな革新的な論文が出たりでなかったりしましたね。
個人的には全合成では
Ryanodolの15工程全合成(Science 2016, 353, 912)
Pallambins C, D 11工程全合成(JACS 2016, 138, 7536)
タミフル60分合成(OL 2016 18, 3426)

構造有機だと
安定ゲルマニウムビニリデン(Nat. Chem. 2016, ASAP)
2個入りポリイン・3個入りロタキサン(JACS 2016, 138,1366; JACS ASAP)
どえらく単純な分子で水素ガス、酸素ガスを使って光応答性をスイッチングするオルトキノン (ACIE 2016, 55, 7432, chem-stationスポットライトリサーチ)

反応だと
遷移金属なしの光照射だけでアリールハライドをボリル化するやつ
(Chem. Sci. 2016,7, 3676; JACS 2016, 138, 2985)
アリールアセチレンと硫黄(S8)だけでアリールチオフェン作っちゃったやつ
(JACS 2016, 138, 10351)
ニトロシルラジカルがトリプトファン選択的にぶっ刺さる遷移金属フリーClick型反応
(JACS 2016, 138, 10798)

でしょうか。なんとなく思いつくままに挙げましたけど。なんか下期の割と最近のばっかし挙げてるから上期のやつ覚えてないだけじゃないか説あるけど気にしない気にしない。

で、今回は化学論文それ自体ではなくて、その論文誌の社説、特に最近のアメリカ化学会(ACS)論文誌の2016年社説で気になったものを簡単にまとめて取りあげてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

論文中に書かれた愚痴っぽい話

科学論文というとやっぱり研究に関する難しい話ばっかり書いてる印象ですが、そこは人間同士ですので相手に何か言いたいことというものも出てきます。もちろん相手を侮辱するようなことは書けませんし、そうでなくても「紙面の都合もあるしいらんこと書くな」とはeditorによく言われることで、関係ある話ですら削られるくらいです。が、そんななかでも愚痴にも似たアピールのようなことが書かれていることもあったりするので、そんなのをなんとなく集めてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話

飛行機で寝るのは余裕だけど、タダで映画(しかも今映画館でやってるやつとかやる前のやつとか)見れちゃうのでもったいないおばけと化して映画とか番組見まくっちゃうので結果寝不足になる人ですこんばんは。最近じゃあけいおん!とかラブライブもあるんだからすごい。あ、ズートピアめっちゃよかったですブルーレイ予約しちゃった(∩´∀`)∩


で最近乗った飛行機がたまたま最新のボーイング787-8ドリームライナーだったんですよ。液晶画面でっかいし機内wifi飛ばせるしすげえなこれ、って思ってたら飛行機の窓もちょっと今までと違うことに気づきました。

続きを読む
posted by 樹 at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話

これまでにいろいろとモレキュラーシーブスの知られざる(?)機能と性質について書いてきており、ちょっとしたモレシブログと化しております。

1)モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
2)モレキュラーシーブスは脱水剤か貯水剤か
3)TBAFにモレシな話

モレキュラーシーブスは合成化学者にはご存知の通り脱水乾燥剤として利用されているので、溶媒の脱水に用いたり系内で生じる有機低分子を吸着させたりといった使われ方をされていることがほとんどです。蒸留するよりも水分が少なくなるということで、実験の危険性回避で蒸留をできるだけ避けるようになってきている昨今ますます利用されている感があります。

Drying of Organic Solvents: Quantitative Evaluation of the Efficiency of Several Desiccants
D. B. G. Williams, M. Lawton,
JOC 2010, 75, 8351


しかし何でもかんでもモレシを入れれば乾燥できるわけではありません。3Aや4Aなどモレシごとで吸着できる穴のサイズが異なるので、目的に合ったモレシを選択しないと溶媒そのものが吸われてしまうことにもなります。また、モレシの添加はあくまで脱水であって、蒸留とは全く別であるということはちゃんと理解しておかないといけません。特に含窒素系のものは溶媒が空気酸化されたものも入ってたりしてるので当然そんなのはモレシでは除けません。

・乾燥剤の種類と乾燥能力(+再生法と乾燥対応表) (ナカライテスク)


それだけではなく、なぜかアセトンはモレシを入れると水分が増えるという謎現象も報告されています。これは、以前も書きましたがモレシが基本的に塩基性であるためで、アルドール反応、Claisen縮合等を繰り返し、2量体由来のメシチルオキシドができてしまうため、その際の脱水反応で水がどんどん増えていくと報告されています。さらには3量化したイソホロンもできるとか書いてあるブログやらなんやらも。というふうに「アセトンにモレシは水増える」って論文にはあるんだけど、各種メーカーのデータだとアセトンのモレシ脱水の表もあったりするんだよなあ。どうなってるんだろほんとのところ。
(Jul/6/2016:イソホロンあたりの図と文章を修正)
アセトンMS表.jpg
アセトンバイプロ.jpg

Desiccant efficiency in solvent drying. 3. Dipolar aprotic solvents
D. R. Burfield, R. H. Smithers
JOC 1978, 43, 3966


1)モレキュラーシーブスは塩基か酸性か


そんなモレシは、ただ入れただけでは水は吸ってくれません。というかもう空気中の水をたっぷり吸った状態で置かれていて機能は低下したままですから、加熱などで吸着された水分子をふっとばし活性化してから用いられます。そんな活性化法と収率について面白い論文があったので紹介します。


続きを読む
posted by 樹 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする