2016年04月01日

ゲルマニウムin有機合成の話

さて、前回の話で、ゲルマニウムが覚醒してしまったようなのでこんなタイトルの話をまとめることにしました(そうなの?

ゲルマニウムは14族の典型元素で、周期表的にはケイ素(Si)の下、スズ(Sn)の上で炭素(C)と同系列の元素です。日本ではどうにも胡散臭い健康用品として使われる印象が圧倒的に強いゲルマニウムですが、すぐに交換反応を起こしてしまうスズよりも炭素との結合(特にアルキン)が頑丈、ケイ素よりも重原子、イオン化エネルギーがSiより小さいといった特性を持っております。

周期表14族.jpg

そのため、電子材料は発光材料などと言った分野ではゲルモール(フランのOの部分がGeになったもの。Siの場合にはシロール、Snの場合にはスタノール)などの形で、構造有機化学の分野では様々な高ひずみを持つ安定化合物の合成(もちろん物性も重要ですけど)などで結構利用される元素です。そしてなぜか高い日本人研究者率。

ゲルマニウム化合物.jpg

・Stable Germanone Nat. Chem. 2012, 4, 361
・Tetragermaplatinacyclopentane Organometallics 2011, 30, 3386
・1,2-Digermabenzene Organometallics 2015, 34, 2106
・Pentagermapyramidane Organometallics 2016, 35, 346
・Spirodithienogermoles Organometallics 2016, 35, 20
・Germa[N]pericyclynes Dalton Trans. 2015, 44, 11811
・2013年までの高周期14族メタラサイクルのまとめ
M. Tanabe, Tetrahedron Lett. 2014, 55, 3641.


ちなみに創薬分子としてもゲルマニウムを持ったものはプロパゲルマニウムというものが古くから知られており、ウィルスマーカーの改善剤として使われているほか、抗がん作用も知られています。
プロパゲルマニウム.jpg


またケイ素を含むこれら高周期14族は炭素と全く違う反応性も見せます。炭素と違って結合の手が5,6本生えた5配位、6配位状態をとることが可能ですし、以下のようにTfOHやHBrと言った酸で処理することによってフェニル基をOTfやBrなどへと変換することもできます。これを利用してフェニル基を保護基として使うことも可能です。

Ge置換1.jpg
・Hoge, B. et al. Chem. Eur. J. 2016, 22, 4758

こんな風に独特の特性や反応性を示す元素にもかかわらず、どういうわけかいわゆる有機合成化学、合成反応の中でのゲルマニウムはほぼ見たことないに等しいレベルで出てきません。周期表で上下にいる元素のケイ素とスズはしょっちゅう見るのに、です。

というわけでそんな有機ゲルマニウムの合成化学上での反応をまとめてみました。


続きを読む
posted by 樹 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

スターウォーズ・バックトゥザフューチャー風論文表紙の話

(2016/3/21いくつか論文を追加)
研究内容をちゃんと知ってもらうためには、論文を投稿してもまず読んでもらわないと始まりません。中身がちゃんとしているのは当たり前の話なのですが、特に近年は読んでもらうためにそれ以外にも様々なところで工夫が必要になります。例えばタイトル一つとっても印象は全然違うもので、最近ではGoogle検索で引っかかったときのことを意識したタイトル付けなんていう考えも出てきています。

Google検索を意識した論文タイトルの付け方 / 重要なキーワードを先頭近くに置くとなぜ有利?(ワイリー・サイエンスカフェ)

また、論文内容を絵で表したグラフィカルアブストラクトも、絵などのヴィジュアルでキャッチーに訴えるツールとして重要です。実際私は論文新着通知が来たら
@タイトルAGraphical Abstract
で内容を判断してチェックしています。英文の要旨本体なんかろくに読んでません。めんどくさい

さらに重要論文になると表紙や内表紙、挿絵として1ページ前面を丸々使ってアピールすることになり、グラフィカルアブストラクト以上にキャッチーな絵になってきます。Graphical Abstもそうですが内容を端的に表していれば基本なんでもいいので、中には日本人の論文でもないのにやけにSDキャラな表紙になったり、「グレートですよこいつはァ」な表紙になったりと様々。絵なので研究にあまり詳しくない人も含めて「お?」と思わせるような絵であることが重要になってきます。

世界三大学術誌Cell、最新号の表紙がタンパク質を擬人化した女の子ということで話題に(アレ待チろまん)
論文の表紙などの話題(有機化学美術館・分館)

そんな論文誌表紙やGraphical Abstractの中でも、実際の映画、しかもあの有名なスターウォーズとバックトゥザフューチャーをモチーフ、というかキャラなどをまんま使ったものを紹介します。

続きを読む
posted by 樹 at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

同時多発同じ研究の話


"どんなに画期的なアイデアでも、同じアイデアを持っている人が100人いても不思議ではない。こんなことを思いついたのは自分だけだと、全員が思い込んでいるにすぎない。"

という格言(この先に続きがあってそれだと意味変わっちゃうんだけど)があるらしいですが、どんなにいいアイデアを持っていても、それでいい成果が出ていたとしても、自分だけがそれをやっている保証は全くありません。そしてそれを世に出そうと思ったとき、誰かに先を越されてしまえばパーになってしまうのが研究の世界。古くはグラハム・ベルに2時間遅れで電話の特許を申請したため優位性が認められなかったイライジャ・グレイなんかが知られていますが、論文でも同じようなもので、1番じゃないと「発明者」とはなかなかなりません。むろん実用化や効率化も非常に重要なので2番以降はそういうことが重要になってくるわけですが、結局それらは1番の人の業績があって、という話になってしまいます。先行者と同じことを独立してことをやっていても、2番手になってしまえばパクりともいわれてしまい、大概の場合論文としての発表自体ができなくなってしまいます。何年研究にかかっていようがパーです。こんな感じで先に出されてしまって博士の学位がお亡くなりになってしまった話も聞きます。


さすがに論文の世界では数時間でアウトというわけではなく、ある程度時間が近ければ何とかpublishさせてもらえる場合が多いのですが(もちろん緊急事態なので大至急論文化しないといけないわけですが)、今回は無事(?)同時に出すことに成功した(と思われる)世界同時多発類似研究を取り上げてみます。


続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

日本語ダメ(乂'ω')って言われた話

あけましておめでとうございました(過去形?)
今年もどうぞよろしくお願いします。
まあ年初なのでかるーく(ほんとは根詰めて書いてる余裕がないだけ)。

続きを読む
posted by 樹 at 23:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Pacifichem(環太平洋国際化学会議)2015 in ハワイに行って、ついでにNitrogenieにも行ってきた

5年おきにアメリカのハワイ・ワイキキで開かれるPacifichem(環太平洋国際化学会議)に行ってきました。

029.JPG

某会場からのビーチの絵。一応言っとくと水着で発表したりなんかする学会じゃないですよ?


続きを読む
posted by 樹 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする