2015年12月11日

CV(履歴書)に査読歴を書く話

あ、今回のはポスドク以上の人向けな感じです。

もう最近は研究室ごとホームページを持ってるのが当たり前の時代ですので、ホームページを見ればその研究室のやってることや最近出した論文なんかも簡単にチェックできます。仕事がわからないようなサイトだったりそもそもホームページがなかったりするともう学生もやってきませんし、全然更新されてないとまた「ここやる気ないな?」とか思われるし・・・(;´'-'`)
それと同時にサイト内にスタッフ個人の業績をアップロードしてアピールすることも容易になりました。今日び研究者もそのまま講座内で居座ってれば上がれるもしくはクビにもならずにずっといられる時代でもないので、自分の仕事をアッピルしとくのも結構重要になってきています。

で、その自分の業績成果をアピールするのに、研究者(だけじゃないけど)がWEB上でCV(Curriculum Vitae, 履歴書)をアップしている人も多いかと思います。履歴書と言っても就活に使うようなテンプレ履歴書を使っている人はいませんので大体MS Wordで好き勝手書いたものを載せている場合がほとんど。てか日本以外だとそんな紙履歴書テンプレなんか使わないから日本の方がアレなんですけどね。あの手書き主義はハンコ文化の次くらいに禁止撲滅しないといけない日本文化だと思ってる私。
それはともかく、逆に何を書けばいいかというテンプレがない分、極めてフリーダムに書くことができます。それでもやっぱり読まれるものにしないといけないのである程度の書き方マナーみたいなものはあるようです。
続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

人間由来の『天然物』の話 −続・トラマドール騒動 そのA完結編?―

(2015.10.21こっそりタイトル変更)
冒頭から関係ない話ですが、月刊化学11月号の某記事のreferenceに載りました
・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
あくまでreferenceなのですが、いやーただの私的ブログが偉くなったもんです(*´ω`)
よろしければどこに載ってるか探してみてください(販促

by カエレバ


さて本題。前回までのあらすじを簡単に改めてまとめます。

創薬分子のなかにトラマドールというものがあり、鎮痛剤として使用されているのですが、これは人工合成分子として開発されたものであり、自然界には存在しないと思われていました。

ところが、アフリカ・カメルーンの植物S. latifoiusの根から、自然界に存在しないと思われていたこの人工鎮痛剤が発見されたという報告が登場しました。人工分子が自然界から見つかることはありますが(人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―)、非常にレアであることから大変な話題を集めました。

しかし、この報告に疑問を持ったグループが独自に調査を行った結果、この植物から採れるはずのトラマドールは非常に少ないか全く採れない、さらには同じ植物なのに地域差、季節差があったり、しかもどういうわけかこの鎮痛剤を哺乳類が接種した際に生じる代謝物まで見つかるという非常に不可解なことに直面しました。

そしてさらに調べたところ、現地の一部地域でトラマドールの用法外過剰摂取が横行していただけでなく、人間用の鎮痛剤のはずであるトラマドールを、馬や牛といった家畜に投与してオーバーワークさせていたという大変に想定の斜め上を行くブラックな実態が明らかとなりました。これらの結果から、「植物から採れた」というトラマドールは、植物が生産しているのではなく、家畜などがジョボジョボブリブリした結果、その排泄物に含まれる人工トラマドールが水ごと植物に吸収された環境薬物汚染の結果である、という結論を導き出しました。(創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話)

tramadol returns returns 1 トラマ.jpg

トラマドール自体は割と簡単に手に入るもののようですが、スポーツ界でもこの鎮痛剤の乱用が問題となっており(危惧されるプロトン内での鎮痛剤「トラマドール」の乱用 安全なレースシーンを目指す動き/サンスポ内「週刊サイクルワールド」)、スポーツのみならず生活の中でもこんな薬物汚染があるのかと恐ろしくなる報告でした。

で、これで終わったかとおもいきや、ところがどっこい、最初に「トラマドールは植物が生産する天然物である」とするグループは「それは人が住んでる地域での話であって、我々が採取したのは人の手の入らない自然保護区内だから関係ない」とし、さらに独自の追加分析と植物の生合成についての考察を発表し、改めて「トラマドールは確かに植物が生産する」と主張しました。
このように、人工?鎮痛剤トラマドールの『天然物かそうでないか』論争はさらに混迷を増してきた、というのが前回までの流れです。("生合成"的に"人工創薬分子"を作った?話 −続・トラマドール騒動 その@―)

そこへきてつい最近、「トラマドールは天然物ではなく薬物環境汚染の産物である」とするグループが、これらの主張に対する返答として「植物から見つかった」トラマドールの起源についての調査結果を発表してきましたので、今回はそれを紹介します。


続きを読む
posted by 樹 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

『生合成』的に「人工創薬分子」を作った?話 −続・トラマドール騒動 その@―

去年の今頃、こんな話を投稿しました。

創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

2013年、人工の創薬分子であるトラマドールが、カメルーンの植物から発見され、人工薬だと思っていたものが自然界から産生していた、ということで話題となりました。

ところがその翌年、別の研究グループの調査により、人用として市販されているはずのトラマドールが、現地カメルーンでは家畜にまで投与されるなど乱用されている実態が明らかとなり、結果として家畜の排せつ物から出たトラマドールが植物に蓄積された結果である、という報告がされました。つまり、この植物が生産していたと思われていたトラマドールは、人工の薬がまわりまわって植物に蓄積された薬物汚染の産物である、ということが報告されたのです。

tramadol top.jpg

天然から見つかった分子を人工的に作り出すのは、元ネタが分かっているという意味で容易ですが、人工的に作ったものが自然界から見つかったという例は、あることはありますが(人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―)、そうそう見つかるものではありません。今回のトラマドールの件もそういう意味でNatureも取り上げるなど非常に話題を集めたものだったのですが、薬物汚染という報告が出たことから、アフリカの闇が明らかとなった上、化学的には非常にしょんぼりした感じで終わりました。

しかし、論文というものはなんにせよ所詮「・・・とワシはおもっとる」という根拠付きの自説を述べる媒体なので、反論やらなんやらというものはなんにでもやってきます。当然この「天然物じゃなくて市販の薬で汚染された結果でしたー」という論説に反対する人間もいるわけです。

そう、最初に「トラマドールを天然から発見した」と報告したグループです

続きを読む
posted by 樹 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

東京ミッドタウン「単位展」に行ってきた

というわけで(?)有機化学関係ないですが、東京ミッドタウンの21_21 design sightにて開かれている『単位展』に行ってきました!
日化年会?薬学年会?農芸化学年会?知らない子ですね・・・

image.jpg

単位展-あれくらい それくらい どれくらい?-
(2015年2月20日〜5月31日)


続きを読む
posted by 樹 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

2015年初頭に今までを天然物・合成化学を振り返ってみる

あけましておめでとうございました(ぉ
どれくらい更新できるかわかりませんが今年もよろしくお願いします(っ'ヮ'c)
先行き不安定な身分ゆえ心落ち着きませんが_(:3 」∠)_

で、最初から化学の特異ネタとかやるのもあれなんでまあ年頭っぽいことを言おうと思ったんですが特段わざわざ書くことないんですよ困ったことに。有機合成化学を軸としてどうにかその発展に寄与できるような新しいことを出していければなと思ってはいるのですが。あ、ブログの目標は「毎月1つは書く」です(低い目標)

さてそういう思いから始まって振り返ってみると自分が学生だったころからの有機化学ってどれだけ進歩してきてたっけな、と。授業や本で知識として歴史を学ぶ感じで見ていけばわかりやすいですけど、参画してからとなると当事者になってしまっていまいち進展が分かりにくいという実感。

で、なんとなくScripps研究所のRyan Shenvi研のセミナー資料見てたらこんなのがあるのを見つけました。


The most important organic chemistry of the 1980s (PDF注意, Ryan Shenvi's lab, Scripps Institute)


続きを読む
posted by 樹 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする