2015年10月17日

『生合成』的に「人工創薬分子」を作った?話 −続・トラマドール騒動 その@―

去年の今頃、こんな話を投稿しました。

創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

2013年、人工の創薬分子であるトラマドールが、カメルーンの植物から発見され、人工薬だと思っていたものが自然界から産生していた、ということで話題となりました。

ところがその翌年、別の研究グループの調査により、人用として市販されているはずのトラマドールが、現地カメルーンでは家畜にまで投与されるなど乱用されている実態が明らかとなり、結果として家畜の排せつ物から出たトラマドールが植物に蓄積された結果である、という報告がされました。つまり、この植物が生産していたと思われていたトラマドールは、人工の薬がまわりまわって植物に蓄積された薬物汚染の産物である、ということが報告されたのです。

tramadol top.jpg

天然から見つかった分子を人工的に作り出すのは、元ネタが分かっているという意味で容易ですが、人工的に作ったものが自然界から見つかったという例は、あることはありますが(人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―)、そうそう見つかるものではありません。今回のトラマドールの件もそういう意味でNatureも取り上げるなど非常に話題を集めたものだったのですが、薬物汚染という報告が出たことから、アフリカの闇が明らかとなった上、化学的には非常にしょんぼりした感じで終わりました。

しかし、論文というものはなんにせよ所詮「・・・とワシはおもっとる」という根拠付きの自説を述べる媒体なので、反論やらなんやらというものはなんにでもやってきます。当然この「天然物じゃなくて市販の薬で汚染された結果でしたー」という論説に反対する人間もいるわけです。

そう、最初に「トラマドールを天然から発見した」と報告したグループです

続きを読む
posted by 樹 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

2015年初頭に今までを天然物・合成化学を振り返ってみる

あけましておめでとうございました(ぉ
どれくらい更新できるかわかりませんが今年もよろしくお願いします(っ'ヮ'c)
先行き不安定な身分ゆえ心落ち着きませんが_(:3 」∠)_

で、最初から化学の特異ネタとかやるのもあれなんでまあ年頭っぽいことを言おうと思ったんですが特段わざわざ書くことないんですよ困ったことに。有機合成化学を軸としてどうにかその発展に寄与できるような新しいことを出していければなと思ってはいるのですが。あ、ブログの目標は「毎月1つは書く」です(低い目標)

さてそういう思いから始まって振り返ってみると自分が学生だったころからの有機化学ってどれだけ進歩してきてたっけな、と。授業や本で知識として歴史を学ぶ感じで見ていけばわかりやすいですけど、参画してからとなると当事者になってしまっていまいち進展が分かりにくいという実感。

で、なんとなくScripps研究所のRyan Shenvi研のセミナー資料見てたらこんなのがあるのを見つけました。


The most important organic chemistry of the 1980s (PDF注意, Ryan Shenvi's lab, Scripps Institute)


続きを読む
posted by 樹 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

レビューはレビュー誌だけでやってくれませんかね

はーい、年末なので愚痴言いまーーーす。╭( ・ㅂ・)و
いや別にそういう決まりもコーナーもないですがなんとなく思ってることです。

・レビュー多すぎじゃね??
・レビュー多くてもよくね?
(Chem-Station)

ケムステの半年以上前のネタにいまさら乗っかるとかさすがにどうかしてる感もありますが、お題はもう書いた通り。「総説多くてもなんでもいいからとにかく総説は総説誌だけでやってくれ」と。

まあ大体のことはケムステで既に書かれているので何書いても意見はかぶるんですが(特に上の方と)、あえてあちらに書いて無くて総説は総説誌でやってもらわないと困ることを挙げてみようかと思います。

続きを読む
posted by 樹 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

去年の末頃にこんな論文が発表されました。

Occurrence of the Synthetic Analgesic Tramadol in an African Medicinal Plant
De Waard, M. et al.
ACIE 2013, 52, 11780


トラマドールという鎮痛作用のある合成医薬(μアゴニストのオピオイド鎮痛剤)がアフリカ、カメルーンの薬用植物から単離、構造決定された、という論文です。

トラマドール(Wikipedia)
↑Wikipediaに載ってるくらいに有名なのねコレ

まあこれ出たときには「へー、アフリカまだまだいろんなのあるなー(ホジホジ」くらいにしか思ってなかったし、せいぜい『天然から採れたんだったらこれから権利とかなんだとかもめそう』だとか『合成品が天然から見つかったとかで自然派のみなさんどうすんですかね』だとかそういう性根の曲がったことを思う程度だったんですが、先日、この「『天然から見つかった』医薬品」についての疑義に触れた論文が、同じくAngewandte Chemieから出てきました。

トラマドール.jpg

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

最近読んだ本から-病の皇帝「がん」に挑む〜人類4000年の苦闘-

どうも、久々の更新です。何とか生きてます、というか一応直ったようなのでぼちぼちと再開していきたいなと思っています。

と言っても論文が読める状況でもなかったので最近読んでた本をひとつ紹介したいと思います。

続きを読む
posted by 樹 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする