2016年09月27日

2016年ACS社説から〜元素分析・基礎化学の死・筋トレ〜

(2016年9月30日:本庶先生インタビューリンクと、Janis Louieのムキムキ映像を追加)

気が早いですが2016年ももうすぐ終わりですね、進捗どうですか?(ブーメラン

今年もいろいろな革新的な論文が出たりでなかったりしましたね。
個人的には全合成では
Ryanodolの15工程全合成(Science 2016, 353, 912)
Pallambins C, D 11工程全合成(JACS 2016, 138, 7536)
タミフル60分合成(OL 2016 18, 3426)

構造有機だと
安定ゲルマニウムビニリデン(Nat. Chem. 2016, ASAP)
2個入りポリイン・3個入りロタキサン(JACS 2016, 138,1366; JACS ASAP)
どえらく単純な分子で水素ガス、酸素ガスを使って光応答性をスイッチングするオルトキノン (ACIE 2016, 55, 7432, chem-stationスポットライトリサーチ)

反応だと
遷移金属なしの光照射だけでアリールハライドをボリル化するやつ
(Chem. Sci. 2016,7, 3676; JACS 2016, 138, 2985)
アリールアセチレンと硫黄(S8)だけでアリールチオフェン作っちゃったやつ
(JACS 2016, 138, 10351)
ニトロシルラジカルがトリプトファン選択的にぶっ刺さる遷移金属フリーClick型反応
(JACS 2016, 138, 10798)

でしょうか。なんとなく思いつくままに挙げましたけど。なんか下期の割と最近のばっかし挙げてるから上期のやつ覚えてないだけじゃないか説あるけど気にしない気にしない。

で、今回は化学論文それ自体ではなくて、その論文誌の社説、特に最近のアメリカ化学会(ACS)論文誌の2016年社説で気になったものを簡単にまとめて取りあげてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

論文中に書かれた愚痴っぽい話

科学論文というとやっぱり研究に関する難しい話ばっかり書いてる印象ですが、そこは人間同士ですので相手に何か言いたいことというものも出てきます。もちろん相手を侮辱するようなことは書けませんし、そうでなくても「紙面の都合もあるしいらんこと書くな」とはeditorによく言われることで、関係ある話ですら削られるくらいです。が、そんななかでも愚痴にも似たアピールのようなことが書かれていることもあったりするので、そんなのをなんとなく集めてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

スターウォーズ・バックトゥザフューチャー風論文表紙の話

(2016/3/21いくつか論文を追加)
研究内容をちゃんと知ってもらうためには、論文を投稿してもまず読んでもらわないと始まりません。中身がちゃんとしているのは当たり前の話なのですが、特に近年は読んでもらうためにそれ以外にも様々なところで工夫が必要になります。例えばタイトル一つとっても印象は全然違うもので、最近ではGoogle検索で引っかかったときのことを意識したタイトル付けなんていう考えも出てきています。

Google検索を意識した論文タイトルの付け方 / 重要なキーワードを先頭近くに置くとなぜ有利?(ワイリー・サイエンスカフェ)

また、論文内容を絵で表したグラフィカルアブストラクトも、絵などのヴィジュアルでキャッチーに訴えるツールとして重要です。実際私は論文新着通知が来たら
@タイトルAGraphical Abstract
で内容を判断してチェックしています。英文の要旨本体なんかろくに読んでません。めんどくさい

さらに重要論文になると表紙や内表紙、挿絵として1ページ前面を丸々使ってアピールすることになり、グラフィカルアブストラクト以上にキャッチーな絵になってきます。Graphical Abstもそうですが内容を端的に表していれば基本なんでもいいので、中には日本人の論文でもないのにやけにSDキャラな表紙になったり、「グレートですよこいつはァ」な表紙になったりと様々。絵なので研究にあまり詳しくない人も含めて「お?」と思わせるような絵であることが重要になってきます。

世界三大学術誌Cell、最新号の表紙がタンパク質を擬人化した女の子ということで話題に(アレ待チろまん)
論文の表紙などの話題(有機化学美術館・分館)

そんな論文誌表紙やGraphical Abstractの中でも、実際の映画、しかもあの有名なスターウォーズとバックトゥザフューチャーをモチーフ、というかキャラなどをまんま使ったものを紹介します。

続きを読む
posted by 樹 at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

日本語ダメ(乂'ω')って言われた話

あけましておめでとうございました(過去形?)
今年もどうぞよろしくお願いします。
まあ年初なのでかるーく(ほんとは根詰めて書いてる余裕がないだけ)。

続きを読む
posted by 樹 at 23:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Pacifichem(環太平洋国際化学会議)2015 in ハワイに行って、ついでにNitrogenieにも行ってきた

5年おきにアメリカのハワイ・ワイキキで開かれるPacifichem(環太平洋国際化学会議)に行ってきました。

029.JPG

某会場からのビーチの絵。一応言っとくと水着で発表したりなんかする学会じゃないですよ?


続きを読む
posted by 樹 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする