2010年11月20日

とある漫画とフグ毒とタコの話

フグ.jpg

急激に寒くなってきた昨今、そろそろ鍋が欲しくなるころ。鍋と言えば色々ありますが高級鍋と言えばフグちり(てっちり)がありますね。フグと言えばテトロドトキシンと思ってしまう辺りがもうだめなんでしょうかね。とにかくフグの肝臓等には猛毒テトロドトキシンが含まれており、その強力な毒性のみならず、ジオキサアダマンタン骨格を有し、高度に酸素官能基化されたそのコンパクト且つ複雑な構造は長いこと合成化学者を魅了してきました。現在までに4例の全合成報告があり、うち3例は日本人と、食の面だけでなく合成化学でもフグは日本人と深いかかわりがあります。もっとも、12月に発売される「Classics in total synthesis III」に収録されるTetrodotoxinの合成例は残り1件のJustin Du Bois教授の例なのですが。

※追記※ 岸先生のFirst synthesisも載ってました。

TTX.jpgClassics in Total Synthesis III: Further Targets, Strategies, Methods [ハードカバー] / K. C. Nicolaou, Jason S. Chen (著); Wiley-VCH (刊)


ところで、疑似化学・エセ化学は置いといて、小説や漫画にも化学物質は登場します。大体は毒物で推理モノに使われるのですが、中には「それはない」という感じの間違いがあったりすることもありますし、知ってる側からみたら工エエェェ(´д`)ェェエエ工 となってしまうような内容もあります。そんな中で面白いのを見つけたのでご紹介します。それはスーパージャンプで連載されている「ゼロ The man of the creation」という漫画です。

ゼロ 76 THE MAN OF THE CREATION (ジャンプコミックスデラックス) [コミック] / 里見 桂 (著); 愛 英史 (原著); 集英社 (刊)

続きを読む
posted by 樹 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物の化学物質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする