2016年05月08日

大根が青くなる話

大根って日本だとすさまじく一般的な野菜ですが、アメリカ行くと全く見なくなります。英語の授業だと「大根は英語でhorseradish」って教わったような気がしますが、horseradishはセイヨウワサビなので完全に別物です。嘘教えられたのか(´・ω・`)Radishは赤カブだし。なので大根は英語でもDaikonだったり。Whole Foods Marketに行ったときに大根に"daikon"って書いてあったのには笑ったし、料理専門チャンネルのFood Networkでも"daikon"って言ってたし。ちなみにオクラは日本語っぽいですがアフリカ原産で現地語でもオクラなので英語でもOkra、というか英語からオクラって入ってきたのでは。

大根写真.JPG


そんな大根(青首大根)の中身は当然真っ白いものなのですが、これが青色に変色してしまうことがあります。青首大根の『青』は緑の意味としての青ですが、正真正銘のブルーです。なんか青い大根とかちょっといやですが、その大根の青色に関する研究の論文が出てきたので紹介します。

続きを読む
posted by 樹 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

実験機器deクッキング

「料理の鉄人」の復活リメイク番組であるフジテレビの「アイアンシェフ」が打ち切りだそうですね、残念です。見てないけど。

さて男性が多い生物・化学・工学分野ですがモノを作る学問であるせいか料理との相性が割とよい感じがします。そうでなくても弁当男子だの速水ナニみちか知りませんが若手男性が料理番組をやるものも増えている昨今、ホワイトデーのお返しも料理男子としての実力を見せつけてやれば「ステキ!」となるかもしれません。あ、貰えなかった人は涙拭いて。

さて理系男子としての料理はどうあるべきか、やはり実験器具や機械をふんだんに使ったザ・理系な料理をクリエイトするのが一般受けもしそうです。

続きを読む
posted by 樹 at 17:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物・料理化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

酒の席で化学の話

夏じゃ酒じゃービールじゃー!!!(〃´Д`)
夏本番ですねービールが進みますねー。きょう日ハエだって失恋の痛手でやけ酒煽る時代ですから人間さまが飲まない理由などないのですおヽ(〃´Д`)ノ

しかしそこは化学者、なんかしら適当に理由をこじつけて化学とか教育とかと絡めねばなりませぬ。酒の席でも化学の話をしてこそダメ人間化学者というもの!研究室生だけでなく、配属前の学部生とかと酒を飲む機会もあるやもしれませぬ、将来の研究室生を発掘するちゃーんす!
と、そこにこんな論文が!

Beer as a Teaching Aid in the Classroom and Laboratory
Mandic, L. M. et al. J. Chem. Educ. 2012, 89, 605–609


続きを読む
posted by 樹 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

はじけるキャンディ・ドンパッチの話

ドンパッチというお菓子をご存知でしょうか。キャンディはキャンディなんですが、普通の飴みたいな定形なものではなく、わかりやすく言えば色つきザラメみたいな状態で袋に入って売られていたもので、調べて初めて知ったのですがAGF(味の素)が販売していたそうです。分かりやすく言えば今も販売されている「わたパチ」(明治製菓)のはじけるキャンディ部分だけ売られていたようなものです。ハッピーターンの「ハッピー粉」単体販売みたいなもんですね(なんか違う

ドンパッチ.jpg

続きを読む
posted by 樹 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

cookbook chemistry (2)

タイトル.jpg

前回の続き。

Cookbook chemistry、つまり「レシピに乗っかるだけの創造性のない化学」の話を前回しました(半分くらい普通の料理の話をしていたような気がしますが気のせい気のせい)。"Cookbook"と書かれてはいますが、料理本においても書いた本人の物を実際にどれだけそのままフォローできるかというと実際にはかなり難しいでしょう。なぜならば
・塩 一つまみ
・胡椒 少々
・ひと煮立ち
・しんなりするまで

と、ぱっと思いつく表現を出してみましたが、肉や魚の主材料が定量的に示されているのに対し、サイドの味付けや調理法に関しては料理者の解釈でどうにでもなる実にアバウトなものが多いのです。適当にやってもまあレシピ通りならそれなりに食えるものはできるでしょうが、じゃあ店で出せるかというと別問題。レシピ通りにやってもうまくいかない、なんか味が薄い、焦げたなどと言ったレシピには出てこないことに起因する問題点を挙げ、原因を究明し、改良していくと言った姿勢が重要なのです。

が、レシピまんまで満足しているとそういった問題を放置(もしくは気付かない、レシピがそうなってるんだからそんなもんなんだろう)し、眼前の宝の山を逃したりすることもあるかもしれません。
そこで今回はこのcookbook的な考えによって痛い目を見たという例を紹介します。

続きを読む
posted by 樹 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする