2015年02月26日

特殊記号の出し方2:論文の著者注釈に使われてるやつ編

一応自称化学ブログなんですが、このブログで一番アクセスされるのは圧倒的にだいぶ前に書いたやつで、論文を書くとき等に便利な特殊記号の出し方(altコード、Altキーを押しながら数字を打つと出てくる)・ショートカットキーの話なんですよね。まあ理のジャンルを問わないどころか分離関係なく必要になるからそうなんでしょうけど。

特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ

というわけで2匹目のどじょうを狙うため関連エントリーを追加します(ぉぃ


論文ではその成果にかかわった人の名前その所属が記載されるので、外部との共同研究になれば複数の所属が記載されることになるわけです。所属うんぬんより誰がやったかの方が圧倒的に重要なので、所属先は著者の名前に上付きの注釈記号がついて、所属先は別のセクションでまとめて記載されることになるのがたいていです。

            b
Alan Smithee

b
 Bakada University

こんな感じ。大抵は1,2,3といった数字やa,b,cのアルファベットで注釈がつけられます。これとは別に「*」がついている人がいますがのは、これは責任著者、一番偉い人(たぶん、というかプロジェクトをまとめる人、代表者)を表す記号です。

ちなみに論文1報での世界最多著者数は2,512人だそうで、302ページにも及ぶ論文中、著者リストだけで21ページも費やしています。さらにそれぞれが異動したりして、各著者に働いていた当時の所属、さらにその注釈に現在所属が書いてあったりして引用番号が大変カオスな状況に。これらも数字及びアルファベットで表されていますが、1から始まる当時の所属は「38」にもなっている上、現在の所属先を示すための番号はさらに「a」から始まり「z」を越して「aa」→「az」でもおさまりきらず「bc」に到達しています。むしろ2500人もいてそれくらいでおさまってるのがすごいという風に見ればいいのか?そしてしれっと混ざる複数の「† deceased(死亡)」の文字。

Precision Electroweak Measurements on the Z Resonance
Phys.Rept. 2006, 427, 257-454


----------------------------------------------------------------------------
2015.5.23追記
最近最多著者記録が更新されました。なんと倍以上、5154人だそうで。
著者の所属先はa→zを越え、aa→zzを通りこし、aaaaまで到達。

Combined Measurement of the Higgs Boson Mass in pp Collisions at s√=7 and 8 TeV with the ATLAS and CMS Experiments
G. Aad et al. Phys. Rev. Lett. 114, 191803


----------------------------------------------------------------------------


この注釈記号を何にするかは論文誌の会社、学会によるのですが、中には数字やアルファベットではなく、記号で表すスタイルのところもあります。この場合、共同研究者先が多ければ多いほどその所属を表すために珍奇な記号を引っ張り出して記載するといったことになり、新着論文でたまに見かけて「なんじゃこの記号」となることも。
アメリカ化学会誌はこの記号派なのでいろんなのが見られます。

というわけで、他にどんな記号があるのかふと気になってしまったので、論文の、主に著者所属を表す注釈にもちいられている記号を色々と探してリストにしてみました。ついでにそれらの特殊記号の出し方(Altコード)も記しておきます。
なお今回、共同研究先が多くなる傾向が強いJ. Med. Chem.誌を中心に探しました。こういうマーク、検索とかでもひっかけられなくて手動で探さざるを得ないからもう大変。
すこしずつ集めたとはいえ、アホなことやってんなと自分でも思ったり(´・ω・`)

続きを読む
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

molファイルで楽に分子を描こう

4月に研究室配属された人は一か月がたったわけですが、実験技術だけでなく勉強会、報告会でちゃんとした構造式、分子の形を描いて見せることの大切さも思い知らされている頃ではないでしょうか。

構造式はChemDraw(ChemBioDraw)というソフトで書いている研究室が多いかと思いますが、残念ながら普通にツールボックスにあるものをポチポチと組み合わせていくだけではきれいな形の分子にならず、不十分だったりします。特に研究室ごとでの流派や好み・センスなんかがあり、おんなじ分子でも


molfile galanthamine.jpg

↑なんか気に入らん、椅子型っぽい形で描きなさい!
とか、

molfile sugar.jpg

↑糖の形や向き、置換基の方向が気に入らない!あと環の前後が分かるように楔をうんぬん・・

などと色々言われることがあるでしょう。かなり極端な例を上げましたが、実際には角度が微妙に・・・とか結構細かいことを言われます。ならもっと前に言ってくれよという気もしますが。

こうやって指摘されたことを直して次の報告会などに使うわけですが、こういう構造式をいちいち最初から書いていくのは実にめんどくさいので、一度うまい具合に描けたなら大体それを今後はコピペしていくことになるわけですが、この方法として今回はモルファイル(mol file)を紹介したいと思います。
続きを読む
posted by 樹 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

RSSリーダー、NetvibesとFeedlyを試してみた AFeedly編

というわけで前エントリーはNetvibesレビューでしたが、次はfeedlyです。

AFeedly(accessed, Mar, 16, 2013)
Google readerの後継者ともいわれる注目株。iPhone/iPadの場合はアプリがあるのでiTunes Storeで落としましょう、無料です。他のRSSリーダーと決定的に違うのは「googleのアカウントを持っているだけでRSSフィードの情報をFeedlyに移行してくれる」こと。なのでフィードデータのエクスポート/インポートが不要で凄まじく楽です。

Googleリーダーの代わりに『feedly』を使ってみる。お洒落で良い感じ(GaGaGadget, accessed, Mar, 16, 2013)

Google Readerが7月でサービス終了、次期サービスは「Feedly」が良さげ [RSSリーダー](iPod love, accessed, Mar, 16, 2013)

RSS登録出来るようにするアドオンなどの説明もあり。

また動作も極めて快適でサクサク動きます、いやー軽いのなんの。ヘタするとgoogle readerより軽い。RSS取得もNetvibesよりも早いです。
そして一番いいのがその見た目。iPadでの画面を貼ってみます。
続きを読む
posted by 樹 at 10:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RSSリーダー、NetvibesとFeedlyを試してみた @Netvibes編

『グーグル、RSSリーダーやめるってよ』

( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚) は?

という衝撃の通知でこんな風になった方が世界中に溢れかえっているようで。私もその一人ですが。

新着論文・ニュースからブログ更新通知まで漏らさず通知してくれるRSSリーダー。以前は「通知多すぎて読めない!たすけてー(;´Д`)」ってなポストをしたわけですが、そうは言ってもいつ更新があるか分からないウェブ公開版論文やブログの情報を漏らさないようにするはRSSは重要なツールです(逆に言うと更新日が決まっているなら通知増えてうっとおしいだけなのでRSSは登録してません、NatureとかScienceとか)。

と、そんなRSSリーダーの中でも群を抜いて便利で圧倒的利用者がいたはずのGoogle Readerが「利用者が少ない」という(表向きの?)理由で無くなってしまうことになりました。なんてこったい!
もっとも無くなるのは7月なので今慌てふためく必要もないのですが、無くなることが分かってるのに安穏と過ごすのもアレなので引っ越し先を色々探し求め、よさげなところを調べて登録し試してみました。

そのなかで世間的にも評判がよさそうだったNetvibesFeedlyを軽く(欠点も添えて)紹介します。移動先探しで色々と苦労したし、今も引っ越し先探してる人もいるかもなので、突貫で書いてみました。

なお国産のLivedoor readerも試してみましたが、そもそもβ版だったのと「フィードの名称が変更できない」っぽくて整理がきかなかったのでやめました(ほんとに出来ないかどうかはわかりません)。Yahoo readerの方はYahoo好きじゃないから無視(酷
あとYahoo Pipesはよくわかんないので諦め('A`)
続きを読む
posted by 樹 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

Powerpointのショートカットキー

このブログ、立ち上げてからもうすぐ2年になるらしいですよ?奥さま(誰
てきとーに始めたのによくここまで持ったもんです。お陰様で色々なところに紹介していただいてずいぶん広く知られてきているようで有難いことです。逆にそれだけ責任も増えているというわけですから、色々考えて記事落としていかないといけないんだなあと強く思ってしまう昨今(というか今月)ですが、これからも生温かい目で見守っていただければと思います。もうそんなにネタのストックないんだけど。

さて、そんな経緯でこれまででよくアクセスされている記事はどれかなーとか思って軽く見てみると、RSSフィードなどの影響で投稿日に瞬間最大風速が出るものの、コンスタントに上位に食い込んでいる、というか多分トータルで一番アクセスが多いのが「特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ」だったりするっぽいです。アクセスが多いのは喜ばしいことなんですが「有機化学のブログ」とはなんだったのかと。まあ導入してるzenbackによるとtwitter引用で一番多いのが「危険なDHMO? MSDSの話」でFacebookのlikeが一番多いのが「光延"反転"の話」だし、有機化学初学者向けのフィッシャー投影式の覚え方とかTMSジアゾメタンの反応機構探してやってくる人も結構多いのでその辺面目躍如(?)でしょうかね。あと以外に結構多いのがドンパッチの回。懐かしの不思議お菓子として見にくる方が多いようです。というわけでAGFはただちにドンパッチを復刻する作業に取り掛かるようにお願いします。

で今回はその一番需要の多いショートカットキーの中でも学会シーズンで使えるPowerPointについて。続きを読む
posted by 樹 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする