化学とネット・PC: たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-
よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2019年10月31日

ChemDraw Ver 19.0を触ってみた

(2019.11.20: Arialのままでも日本語がかける話を追加)

ChemDrawの最新版、Ver19.0が10月28日公開になりました。

Release Announcement - ChemOffice and ChemDraw version 19.0 (Perkin Elmer)

ChemDrawは(管轄がPerkin Elmerになってから?)、サイトライセンスであっても個々人でのアカウント作成→アカウントごとにダウンロードセンターからのアップデートが前以上に簡単にできるようになっています。
というわけでその追加機能等の紹介とその他について、人柱として大慌てで簡単に紹介します。


ChemDraw00Logo19.png


続きを読む
posted by 樹 at 09:00| Comment(0) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

論文インパクトファクター合計値などを集計するエクセル表を作ってみた

(8/5,6ちょいちょい修正追記)

なんかまた某省の改革(笑)でこっちが振り回されるようで。

国立大教員、業績給拡大へ 年功序列にメス (日刊工業新聞, 7/30)


業績給だけだと聞こえはいいですが、リンク先の図の通り、基本給を激減させたうえでの成果給なのでまあ金減らし以外の何物でもないわけで。まあ某省の悪口はみんな言ってるからここでは言いません。一律減点のアレでなんか裏口だの助成がらみの癒着とかから矛先それてニヤニヤしてそうですがさっさと解体されてくださいどうぞ。

個人的に気にしてるのがその業績のカウントの仕方。大学に依るんでしょうけど、話題になってる(?)高知工大だと論文の「コレスポ・1st著者」という項目も考慮されるようです。ところで「発表・講演の採択率」も評価項目にあるんだけどこれいちいち応募者数とか調べなきゃだめなの?めんどくさ。




最近はだいぶ減りましたが、今でも部下の業績でも大ボス「だけ」に*が付いて、かつ学生を1stにするところが結構あります。1stは学生でもいいんですけど部下スタッフの業績なのに*が付いてないので、よそ(国外・分野外)から見ると全部ボスの吸い上げとして大ボスだけが評価される話にもなります。アレのアレでボスだけアレしたとか有名。

で、これまでは単なる業績の収奪だけで済んでたけど『内輪ではみんなわかってるからへーきへーき』っていうところでまだどうにか我慢もされてきたわけですが(それもどうよ)、こういう給与での評価に関係する項目が出てくる(基本給は減る)と、業績以上に生活にかかわる『ボスによる給料の収奪・吸い上げ』にもなってくるんではないですかね。それこそ訴訟バンバン出てきそう、というか出てきて揉めりゃ良いのよ。一般向けにも「上司に業績奪われた!」って言われるより「上司に給料奪われた!」っていう方が食いつきよくなるし。


もう一つの問題がインパクトファクター(IF)。本来雑誌そのもののインパクトであって個別論文の評価ではないのですが、現実問題としてそれを業績の指標に使われている例は山ほどあります。その上IF値を足すだの掛けるだのもはや本来の意味とはかけ離れまくった、単なるドラゴンボールでいうところの戦闘力みたいな使われ方しかしなくなっております。お隣のどっかの機関だとIFの合計が20ないと学位をやらないとかいうところがあるってだいぶ前聞いたし、うちも業績評価に投稿論文の雑誌インパクトファクターを出せとだいぶ前から言われております。

先の高知工大でもそのような評価をしているようで(サイトのJournal Citation Reportsがそれ。Q1-4のカテゴリは全IF評価対象誌を分野ごとで分け、それの上位4分のXに該当するかを表す。つまりQ4は上から4/4なのでドベクラス)、いいとこに出すとおちんぎんいっぱいもらえるシステムはこれから全国でますます広がるでしょう。

となると、だれがIF値低いところなんかに出すかちゅうねん!雑誌のIF値向上運動なんかはそんなもん上がりきった人間がやれよ派なんですが、もろに給与にかかわってくる(出しても金としての評価がない)となると職位関係なく投稿にはネガティブにしかならないでしょうね。まあ総説投げとけば労力としては少ないか。あと、IF値って2年たたないと数字が付かないので、たとえそれがNatureの増やすのいい加減にしろよ姉妹紙であったとしても新興論文誌に投稿した論文業績の評価もこれでは底辺扱いになってしまいます。そうなるとやっぱり新しいところにも出すモチベーションというのは低くなるでしょうなあ。



さて、そんな問題だらけなのにIFの支配がますます広がる中、こっちとしてもそれなりに対応が必要となってきます。特にIF値の合計などは実際いろいろなとこで要求されるので都度調べるの実にめんどくさいし、なんせIF値は毎年変わるのでまとめたところで翌年には使えない(;´Д`)

というわけで、今までの論文のIF値を簡単に集計するためのエクセル方眼紙・神エクセル表を作ったので自分用メモもかねて置いておきます。
と、偉そうな書き出しをしましたが、単にTBSの「インパクトファクター合計値を競うことで院長になれる某ドラマ」に感化されただけですはい(実際原案は4月から構想は5月からあった、こう書くとなんか壮大な感じするけどめんどくさくてやってなかっただけですはい)。


続きを読む
posted by 樹 at 17:30| Comment(0) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

査読歴と紐付いた研究者プロフィールサービス・Publonsを試してみた

新年度始まりましたね(今更感)。と言いながら新年度っぽい話は一切しません(ぉ
ワシも残り少ない(たぶん)ので「沈まず」とか言ってるけどどうなることやら(ヽ'ω`)

さてそんなことはさておき、よせばいいのに例によって結構なボリュームのやつを投下しようとヒーヒー言いながら書いてたら、こんなのがちょうどChem-Stationから!

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!(Chem-Station)

最近山のように押し寄せ、登録が必須になりつつあるプロフィールサービスが重要度順に紹介されています。特にORCIDは論文投稿にすでに必要だし、ResearcherID、Researchmapも公募や今後科研費申請とかにも必要になってきそうでなんか色々登録するもん増えて大変(;´Д`)
あ、CVにはこれらのリンクは貼ってます。

実はこの手の話、だいぶ前にしようとしてめんどくさいからやってなかったんですが、今回便乗する形であんまり書かれてなかった、ほかのサービスと比べて査読に特化したサービス・Publonsの話をすることにしました。

publon0.png
続きを読む
posted by 樹 at 09:00| Comment(0) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

【追記あり】ChemDraw等ソフトで異常に小さくなってしまったツールバーを大きくする方法

(2018.1.30変更: スタイルシートの部分を修正大幅カットして一体化;ChemDrawお値段リンク追加)

ChemDrawといえば有機化学系でも必須のソフトですが、個人で買うにはお高すぎるので大学からのサイトライセンスで使用している方がほとんどかと思います。サイトライセンスだと1つのシリアルナンバーで3個くらいのPCに入れられるのでオフィス用のパソコンに加えて、出張でのノートパソコンにも入れられるようになっています。

・ChemOffice, ChemDwar製品価格(HULINKS)

改めて値段見たら昔見た値段の倍くらいになってるんですがそれは。

で、最近新しくノーパソを買ったのでChemDrawを早速導入しました。(∩´∀`)∩
これでスタバでドヤれる効率的な作業を加速させて、1億総活躍社会におけるSociety 5.0の実現を通じてスーパー日本人の育成としなやかほっこりハピネス社会の創生にまい進し・・・・


0_ChemDraw小さい_LI.jpg


  ( ゚д゚)    
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/   /
     ̄ ̄ ̄

1_ChemDraw普通の大きさ_LI.jpg

  ( ゚д゚ )   
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/   /
     ̄ ̄ ̄



Inked1_比較note_LI.jpgInked1_比較desktop_LI.jpg
←ノーパソ・Surface等        デスクトップ→



ああああああああああああああああああああ
ツールバー小せええええええええええええ!!!!!!
ヽ(`Д´#)ノヽ(`Д´#)ノヽ(`Д´#)ノ


なんなのこれ!?半分以下じゃん大きさ!!!
小さすぎてカーソル合わせんのめっちゃしんどいちゅーねん!そもそも最近小さい文字読みづらいからますます使いづらいというかもはやこれ使えないレベルなんじゃゴルァア!!!!!!

-------------------------------------------------
2018年1月29追記
反響を見てるとどうも主にSurfaceユーザーが特にこの症状でお困りの様子。
まあかくいう私もなんですが。
-------------------------------------------------


とまあこんな風に困ったことになってしまったので、その解決法の備忘録を兼ねてまとめました。なおこの方法はChemDrawに限らずほかのソフトにも適用可能です。

続きを読む
posted by 樹 at 09:00| Comment(4) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

論文誌が高くなりすぎて

(11/22 20時ごろ、リンクとかCL, BCSJの話とか追記)
以前に論文誌が猛烈に高くなっていることを書いたことがあります。

・論文誌が高すぎて

最近はオンライン購読が多いので、この場合では1誌ごとの購読よりも複数ジャーナルのアクセス権を買うパッケージ販売がほとんどです。このパッケージ価格、2,3誌バラで購読するよりも、いらないジャーナルをバンドルした抱き合わせ商法的パッケージの方がお値段的にお得になっているので大概こういう形で交わされているのが実情です。「ならパッケージ買いの方がお得ってことじゃん?」と思うかもしれませんが、単純に単発購入が異常に高いだけです。

このただでさえ高い費用の上、毎年半端ない値上げを敢行しているために、どうにかして論文コストを下げる対策が世界的急務となっています。この改善策としてオープンアクセスジャーナルとかも一般的になってきましたが、さて現状はどうなっているでしょうか。改善したかって?いやいや全然。むしろついに論文誌購読の放棄が緊急議題に挙げられるくらいのレベルの危機的状況にまでなっています。


続きを読む
posted by 樹 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする