よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・−オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!−青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密−
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
竜の血の赤、虫の赤
撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2011年11月11日

化合物のお名前-superでhyperでultra編-

お久しぶりの化合物のお名前シリーズ!(シリーズだったの?

以前にも何度か化合物の変な名前を紹介してきました。なかにはゲームに出てきそうな感じの中二病感たっぷりなものなど色々ありましたが、今回はもっと直接的にすごそうな、小学生大喜びな感じのスーパーでハイパーな名前を集めてみました。

過去ネタ:反応・化合物のお名前シリーズ



続きを読む
posted by 樹 at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 化合物・反応お名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

有機分子のロミオとジュリエット

以前、天使-Angel-を冠した化合物の話をしました
下はその時例に出したangelic acid (英語だとエンジェリックアシッドでかっこいいのに、和名はアンゲリカ酸でショボーン)。

angelic acid.jpg

見た目が天使の羽っぽいなんて話もしましたが、これや以前ポストしたangelca lactoneなど以外にもangelを冠する天然物があり、angelmicin類もその一つです(clickで拡大)。

hibarimicin.jpg

抗がん作用を有する巨大なdimer化合物の様な天然物で、微妙に右と左の構造が異なっているのが合成するにあたってはいやらしい化合物。山梨-群馬の天女山で単離されたことからangelmicin(天女≒西洋でいう天使)と命名されたのではと思います、いいセンス。とは言っても和名になると結局アンゲルマイシン(アンゲルミシン)なので天使感がまるでないので残念な感じですけど。

なおangelmicinには別名(他のグループによって独立に単離されたため)があり、hibarimicin(ヒバリマイシン)と命名されています。このヒバリは鳥の「雲雀」ではなく、富山県小杉町戸破(←これで「ひばり」と読みます)で採取された放線菌から見つかったことに由来します。


このようにAngelなどの宗教、芸術に関係する名前を冠した天然物も多数存在するのですが、最近になってシェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」にちなんだ名前の化合物が単離、報告されました。その名もロミオブルー(Romeo blue)に、ジュリエットブルー(Juliet blue)!!

続きを読む
posted by 樹 at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化合物・反応お名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

化合物の名前-ゲームやアニメに出てきそう編-

まじめなネタ続けちゃったので疲れた、ので小ネタをはさむ(ぉ

前にも有機化合物の名前を紹介しましたが、オカダ酸にマンザミンなど、人の名前以上に豊富な名前が存在する(かぶっちゃだめだし)のでさまざまなものがあります。そんな中で今回はなんかゲームとか漫画とかに出てきそうな臭いのしそうな名前のものを集めてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 03:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 化合物・反応お名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

天然有機化合物のお名前 (1)そのまんま編

天然物には、その単離元にちなんだ様々な名前がつけられています。大概は学名が元になっていますが中には一般名がそのまま付いているものもあります。どちらにしても中には「その名前はどうにかならんかったのか」というようなやつや「まんまやんけ!」な珍名化合物も数多く存在します。スペルミンだとかオカダ酸なんかは有名ですね。スペルミンが何かはここでは解説しないので各自ググるように。

そんな化合物から、今回は植物から採れた「まんますぎるだろ!」な名前のモノを取り上げてみました。

続きを読む
posted by 樹 at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 化合物・反応お名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

人名反応の呼ばれ方 (2)

前回の続き

前回は人名反応が人によって、時代によって名前が変わるという話でした。しかしそれがどう呼ばれるかは置いておいて、一つこれまでにないものがあります。

そう、これまでの人名反応は「他人から呼ばれること」で人名反応になるのに対し、「自分で名乗った例」がないということです。

そんなもんあるかいな、とお思いのあなた。一つ例を挙げましょう。それもなんと超有名反応であるDess-Martin酸化の話です。

続きを読む
posted by 樹 at 02:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 化合物・反応お名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする