2010年12月16日

エステルだけに求核反応させる

このseesaaブログ、アクセスログ解析がついてて、一体どうやってこのブログにたどりついているのかが分かるんですが、案外「アセタール」とか「フィッシャー投影図」とかでの検索でうっかりこんなところに来てしまった人がいらっしゃるようです。有機化学の初心者向けのpostもしようかとは思ってるんですがついつい難しいほうをやってしまうんですよね。ちなみに今回も初心者おいてけぼりですw 基礎的なpostはしばらくお待ちくださいな。

 カルボニル基に対する求核付加反応(還元もヒドリド付加という意味では求核付加反応)は実験でも授業でも基本的なことで、その反応性はエステル(アミド)、ケトン、アルデヒドの順で上がっていきます。求核付加反応の受けやすさはカルボニル基の電子の非局在化、電子供与性官能基の影響、立体障害などがその要因として効いてきます。
01.jpg


 しかし実際に実験をするにあたっては、このほぼ絶対的な序列がうっとおしくなることは良くあることです。特に一分子内に複数のカルボニル基を持つ場合にはかなりめんどくさいことになり、手っ取り早い解決法としてはアルデヒド、ケトンにアセタールをかけて(エステル、アミドにはかからない)その隙にエステル・アミドをどうにかしてしまうことでしょうが、これはこれで保護脱保護の工程が増えてしまうほか、余計な反応条件に基質をさらすことになるのでなるべく避けたいところ。そこでこれら官能基が同時に存在する条件下でいかに選択的に、且つ「反応性の高い官能基をそのままにして、それよりも反応性の悪いケトン、エステルだけを選択的に変換」するという、文だけ見たら何を都合のいいことばっかり並べてんだと思うようなことですが、そんな研究も進められてきました。

続きを読む
posted by 樹 at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酸化還元反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする