天然物の長い名前短い名前の話: たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-
よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2019年08月01日

天然物の長い名前短い名前の話

(8/1ちょいちょい文章変更, 8/2化合物追加, 8/6 GaichのCanataxpropellane全合成のChemRxivリンク追加)

夏休み企画ーーーーーーーーーーーーーー、って今こじつけました。

天然に存在する化合物にはいろんな名前が付けられています。構造に準じた国際規約のIUPAC名はありますが、天然有機化合物については通称名もあります。モルヒネやらテトロドトキシンやら、そのバリエーションは圧倒的。単離元の学名からとって命名されるのが多いですが正直命名に決まりもないし、ある種名付けたもん勝ちなので見つけた人の特権でもあります。でも先に見つけたのに注目されず、後から再発見した人が新たにつけた名前の方が定着しちゃったりなんてことも・・・・。

そんな天然物の名前、ものすげー長いやつとか逆にすごい短いやつとかもきっとあるはず!というわけで、そんな天然有機化合物名の最長と最短を追ってみました。

ただし字面通りの名前を追うと永遠に終わらないのでレギュレーションを設けます。dimethylとか9-hydroxyみたいな官能基を表すもの、nor, epiといった接頭辞のあるものは除外します。ただし、「chloro〇〇」という名前だけど、クロロのない「○○」という化合物が存在しない、といったような場合にはセーフとします。それとFK506といったようなシリアルナンバーなど数字のものは除外。A-Zのような識別番号も文字数にはカウントしません。ただし「~ic acid」のacid部分も名称の一部なのでそこはカウントします。

なおチョイスは複雑な多環式骨格、要は頭おかしい構造のものを中心に載せてますので、こんなもん天然にあるんかーって見てってください。描くのめっちゃしんどかった・・・


namelength00.jpg



まずはいきなり15文字
これでも大概長いと思ったんですが結構いるもんですね。サリノスポラミドとかレジニフェラトキシンとか。ビールショウスキーシンとか言ってるとめっちゃ長いと思ってたのにこれも15文字。アリサンジラクトン、いきなり「ジラクトン」というのがついてて要審議ですが、冒頭についてないので名称として認定することにします。厳しく言ってくと大概のやつアウトになるし。

namelength01-15.jpg

15文字
Arisandilactone Nat. Commun. 2017, 8, 14233.
Avrainvillamide J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 8678.
Bielschowskysin Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 1316.
Crotophorbolone Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 14457.
Ileabethoxazole Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58, 7845.
Resiniferatoxin J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 16420.
Salinosporamide A Chem. Eur. J. 2018, 24, 6747.


お次は16文字
むしろどんどん候補が増えてって困った困った。ウェルウィットインドリノンは後半部分のイソニトリルとかイソシアネートとかいうのを省いています。あのAとかの後にイソニトリルってついてるのはなんなん、いらなくね?って昔から。

namelength02-16.jpg

16文字
Acalycixeniolide G J. Nat. Prod. 2000, 63, 1045.(correction)
Callyspongiolide J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 6948.
Crotodichogamoin J. Org. Chem. 2018, 83, 8341.
Garcinielliptone J. Nat. Prod. 2018, 81, 2582.
Hipposudoric acid Nature 2004, 429, 363.; Chem. Lett. 2015, 44, 1738.
Laurenditerpenol Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 3074.
Leucascandrolide J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 12894.
Pachastrissamine J. Org. Chem. 2013, 78, 8208.
Paeoniflorigenin Chem. Rev. 2017, 117, 11753.
Welwitindolinone A isonitrile Nature 2007, 446, 404.


どんどん行きます次は17文字。ゾーキサンテラトキシン(Zooxanthellatoxin)の存在感が半端ないですが、シクロプロペノン骨格を持ってるやばいのとかもしれっと混ざってます。しかも合成で構造改定されたのは絶対立体化学なので、シクロプロペノンは合ってるんかよ!ってツッコミが。カナタクスプロペラン(Canataxpropellane)も、これTaxolと同じタキサンジテルペンだって言われてもぱっと見わからんわ。

namelength03-17.jpg

17文字
Alstoscholarisine Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 16674.
Alterbrassicicene Org. Lett. 2018, 20, 7982.
Ascidiatrienolide J. Am. Chem. Soc. 1993, 115, 5815.
Aspidodasycarpine Tetrahedron 1965, 21, 1717.
Canataxpropellane Tetrahedron Lett. 2007, 48, 2721.
Eucalypglobulusal J. Nat. Prod. 2018, 81, 2638.
Euphoglomeruphane J. Nat. Prod. 2019, 82, 424.
Jungermatrobrunin A Angew. Chem. Int. Ed. DOI:10.1002/anie.201903682
Laurendecumallene Org. Lett. 2013, 15, 3046.
Lineariifolianone J. Org. Chem. 2019, 84, 5524.
Spirotryprostatin Chem. Sci., 2014,5, 904.
Symbiodinolactone Tetrahedron Lett. 2018, 59, 4496.
Zanthomuurolanine J. Nat. Prod. 2008, 71, 669.
Zooxanthellatoxin J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 550.

--------------------------------------------
2019.08.06追記
噂をすればなんとやら。上記のカナタクスプロペラン(Canataxpropellane)、タイミングよく(?)全合成の報告がTanja Gaichから出されました。

Concise Synthesis of Complex Taxane Diterpene Canataxpropellane by Photochemical Dearomatization
T. Gaich, et al.
ChemRxiv (Aug.05.2019) DOI: 10.26434/chemrxiv.9229217.v1
--------------------------------------------


お次は18文字
クロロププケアナニン(Chloropupukeananin)に関してはクロロのないププケアナニンがなかったのでそのまま採用。ゾーキサンテラトキシン(17文字)があまりにも巨大だったからゾーキサンテラクトン(Zooxanthellactone)がシンプルでビビる。ただしスキップジエン(それも全部cis)の嵐なので合成は地獄の予感。

namelength04-18-2.jpg

18文字
Acanthacerebroside A Bull. Chem. Soc. Jpn. 1998, 71, 259.
Candidaspongiolide J. Nat. Prod. 2007, 70, 1133.
Chloropupukeananin Org. Lett. 2008, 10, 1397.
Cylindrocyclophane F J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 7423.
Didemniserinolipid J. Org. Chem. 2014, 79, 6987.
Griffipavixanthone J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 148.
Haliclonacyclamine Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 1599.
Rubriflordilactone Nat. Commun. 2017, 8, 14233.
Termicalcicolanone Org. Lett. 2019, 21, 2777.
Trachelanthamidine Tetrahedron 2016, 72, 7417.
Vieillardixanthone J. Nat. Prod. 2004, 67, 707.
Zooxanthellactone Biosci. Biotechnol. Biochem. 2004, 68, 848.


19文字来ました。
ここまでくるともう無理やり長くしてない?って気も。Paecliodepsipeptideってもうデプシペプチドやんけ。Cyclodidemniserinolはシクロじゃないのがなかったのでセーフ。ついでに、シガトキシンがある時点でだいぶアウトな気がしますが一応19文字なのでカリビアン・シガトキシン(Caribbean ciguatoxin)も入れておきました。産地とか一語じゃない命名ってありなのね。地味にコチンチノキサントン(Cochinchinoxanthone)というちょっと(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄)⁄な名前のが混ざってるのは内緒。

namelength05-19.jpg

19文字
Caribbean ciguatoxin C-CTX-1 Org. Lett. 2018, 20, 7163.
Cochinchinoxanthone J. Nat. Prod. 2011, 74, 1117.
Cyclodidemniserinol Org. Lett. 2000, 2, 1605.
Hybridaphniphylline B J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 4227.
Paecilodepsipeptide A 有機合成化学協会誌 2007, 65, 700.
Schilancitrilactone B Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 5732.


お次はついに20文字。ここまでくると一気に減ります。なので21文字とまとめて。ジクロロリッソクリミド(Dichlorolissoclimide)は、確かにクロロじゃないやつが見つからなかったので載せましたが、クロロが一個だけのChlorolissoclimideはあるのでこれアウトじゃね?まあ描き直すのめんどくさいしセーフセーフ(セーフとは言っていない
とこんな感じで長くなればなるほど当初のレギュレーションとはいったい何だったのかという風に胡散臭くなってまいりました()

namelength06-2021-2.jpg

20文字
Bicyclomahanimbicine Org. Biomol. Chem. 2014, 12, 6490.
Dichlorolissoclimide Tetrahedron Lett. 1991, 32, 6701.
Glycocinnasperimicin Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 4372.
Liquiditerpenoic Acid J. Nat. Prod. 2019, 82, 823.
Spirostaphylotrichin J. Nat. Prod. 2018, 81, 2722.

21文字
Ustilobisorbicillinol Org. Lett. 2019, 21, 1311.


さて23文字まで来てしまいました。ここまで勝ち抜いた猛者はほとんどおらず、見つかったのは、天然が作り出すその階段状の構造もあって広く知られた分子ペンタシクロアナモキシ酸(Pentacycloanammoxic acid)、そして全然知らなかったダークホース、ボトリオスフェリヒドロフラン(Botryosphaerihydrofuran)の二つだけでした。これらがトップタイと思われました。

namelength07-23-2.jpg

23文字
Botryosphaerihydrofuran J. Org. Chem. 2018, 83, 8341.
Pentacycloanammoxic acid Nature 2002, 419, 708.


ところが、ここでペンタシクロアナモキシ酸の方に重大なレギュレーション違反疑惑が!(何
このpentacycloanammoxic acidという名前ですが、実は上記の単離論文Natureでは命名がされておりません。つまりno name(名無し)なのです。

じゃあこのpentacycloanammoxic acidという長ったらしい名前は一体どこから出てきたのか。実はこれ、E. J. Coreyがラセミでの最初の全合成の際、便宜上つけた名前なのです。オムラミド(omuramide)もこんな感じだったよね、天然物じゃないけど。
つまりはCoreyが勝手につけた名前であって別段オフィシャルな名前というわけではないのです。何をもってオフィシャルというかと言い出すと議論を呼んでタコ殴りにされそうですが、少なくとも単離側がつけた名前でない以上、いろいろ怪しくなってきます。実際、この天然物は数年前にBurnsらも全合成していますが、その際には「[5]-ladderanoic acid ([5]-ラダラン酸)」というIUPAC名的な呼称をしており、pentacycloなんやらという名前は一度も出てきません。

E. J. Corey, et al.
J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 15664.
“We now describe the first synthesis of 1, referred to herein as pentacycloanammoxic acid methyl ester, as the racemate.”
J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 3118.

A. Gonzalez-Martinez,, S. G. Boxer, N. Z. Burns, et al.
J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 15845.
“Innovative synthetic efforts from Corey and Mascitti resulted in a racemic synthesis of [5]-ladderanoic acid (±)-2 and an enantioselective synthesis,”


というわけでスキャンダルに見舞われた(?)penntacycloanammoxic acidではなく、botryosphaerihydrofuran(ボトリオスフェリヒドロフラン)が23文字単独勝利ということになりそうです。ちなみにこれJOCで構造改定の提唱がされていますが、単離大元論文のTetrahedron (Tetrahedron 2009, 65 10590)の方には22文字でボトリオスフェリオジプロディン(Botryosphaeriodiplodin)というマクロラクトンも報告されています。



さてそんなpentacyclo~等の23文字が最長天然物名かと思っていたところ、見つけてしまいました24文字、単独首位。
その名も「Danshenspiroketallactone(ダンシェンスピロケタールラクトン)」!長ぇ!そして「スピロケタールラクトン」で長くするのってずるくね?ちなみにDanshenとは生薬の丹参のこと。
というわけで現時点での暫定最長名は24文字となりました!

namelength08-24.jpg

24文字
Danshenspiroketallactone Org. Lett. 2019, 21, 1708.


それでは逆に短い名前の方はどうでしょう。こちらは無駄に長くして最長を目指す(?)ようなことはできません。こういう縛りプレイの方が楽しいよね、なんにしても(何の話だ
では6文字はとてつもない数があるので5文字から行ってみましょう。5文字になると突然候補が激減し、ほんとにわずかしか見つかりませんでした。それでも残った候補は割とえげつない構造をしてるやつが多いのが不思議。希少糖であるidose(イドース)も5文字です。

namelength09-05-2.jpg

5文字
Aloin A J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1 1990, 1297.
Canin J. Org. Chem. 1983, 48, 125.
Idose Wikipedia
Tutin Tetrahedron 1986, 42, 5551.


5文字の次は4文字だ!ってもう名前として成立しなさそう・・・
ところがどっこいあるのです、4文字天然物。(8/2追記:さとうさんから情報いただいたAnolを追加)
それが以下のwaolanolitol。Itolの方はリアノジンと同じリアノダンジテルペンです。名前シンプルなのに構造がえぐいのぉ。


namelength10-04-3.jpg

4文字
Anol Wikipedia
Itol A Tetrahedron 2008, 64, 5743.
Waol A Org. Lett. 2003, 4451.


というわけで現時点での最短天然物名は4文字となりました。これを越えるのは3文字ですが、もう3文字とか無理があるな?
というわけで、多分これが一番短いと思います(フラグ
挑戦者求む!
posted by 樹 at 09:00| Comment(4) | 有機化学雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3文字の"天然物"といえばtinでしょう
4文字はもう少しあってzincやironやgoldなど
野暮ですいません
Posted by at 2019年08月01日 11:55
えー(・ε・`)元素単体じゃないすかつまんないじゃないすか
企画にならないじゃないすか(そこかよ
Posted by かんりにん at 2019年08月01日 23:02
anolってのがあるそうです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Anol
Posted by さとう at 2019年08月01日 23:43
>さとうさん
うおおおおお!貴重な情報ありがとうございます!
まだあったのか・・・・ひょっとしたら3文字名もいるのかな・・・

というわけでAnolを本文に追加しました。
Posted by かんりにん at 2019年08月02日 22:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください