2018年07月12日

全自動ろ紙ひだ折り機の話

先々週あたりに東京ビッグサイトに行ってきました。そうです、コミケです医療製薬関係の企業展示会であるインターフェックス・ジャパン、インファーマ・ジャパン、Bio Tech・ジャパン等々が同時開催されました。大学からもBioTech内「アカデミック・フォーラム」という形でいろいろな大学から参加しており、そこに出店(?)することになったわけです。とは言ってもその内容は言えません、写真撮影もダメだし(撮影だめだったのはBioTechだけっぽい)。

自動ろ紙折り01.jpg

自動ろ紙折り02.jpg

基本的には医療やバイオ関係の企業展示なのでシーケンスの機械とか、製薬会社にしても製剤技術といった話がメインなので化学そのものやそれに関係する機械(HPLCはあるけどNMRとかはない、みたいな)の展示はほとんどないですが、原薬メーカーからの出店も多数ありました。まあ説明しなくても企業の方にとっては有名な展示会なので知ってる方も多いかもですが、他企業、製薬や化学、試薬メーカーなどなど多数の企業からもネタ探しに集まってきておりました。中国からの出店も多くチャイナパワーすげー感。エッペンドルフブースではピペッター型ボールペンとか、あのライカ(カメラが有名ですが顕微鏡とかのレンズもつくってるのよ)のボールペンとか小物もらって小躍りしてたり、大型機械とかわんさかあって企業展示会回るのたのしーってなってました。

(∩´∀`)∩←お前発表してコラボ探す側だろ仕事しろ


そして、それと同時開催でドリンク・ジャパンという展示会も開催されていました。やった!飲料新製品飲み放題や!と思ったら(それもちょっとあるにはあるけども)、飲料に関連する製造・精製ラインやボトリング・ラベリングの機械がメインでした(ペットボトル成型機・ご家庭でできる()オーダーメイド缶ラベルプリント&貼り機、木をめっちゃ薄く削ってそのまま酒ボトルのラベルシールにしちゃう北欧の会社などなど)。それはそれで大型機械で見てて楽しい。

他にも、ビールやワインのろ過・飲料の脱気技術もこうした展示に含まれており、ドリンク・ジャパンってくらいだから飲んだくれるつもりで立ち寄ったのがいい意味で裏切られて大変面白かったです。というわけで、BioTech展とかインファーマ展の話があんまりしにくいので、ドリンクジャパン展で見つけた面白い機械の話をしてお茶を濁すことにします(ぉ

自動ろ紙折り03.jpg

自動ろ紙折り05.jpg

↑意味もなく欲しくなってしまった。こういうのも飲料関係技術なのよ。ほかにも3Mが中空糸フィルターによるラボ〜プラントスケールでの飲料水脱気システムとか出してたり、研究に結び付くネタは割と転がってたりするのです。


スポンサーリンク



日本で濾紙といえばADVANTECというくらいのメーカーだと個人的には思っているのですが、そのADVANTEC東洋もドリンク・ジャパンに出展しておりました。ちなみに他におなじみのキムワイプやプロワイプはインターフェックス展の方。

そのADVANTECの展示品の中で個人的に一番目を引いたのがこれ。
なんと、全自動で濾紙をひだ折りにしてくれる機械!その名も"ROSSI"シリーズ!
今年4月に発売されたそうです。(展示現場の写真はさすがに控えたのでカタログで勘弁して)
ちなみにひだ折りじゃない4つ折りの自動機械は数年前に別の会社から出ているそうで。

自動ろ紙折り07.jpg


・「濾紙ひだ折り機」取扱い開始のお知らせ

・ADVANTECろ紙ひだ折り機(カタログ, PDF)


・ADVANTECろ紙ひだ折り機(製品詳細ページ)



まさかCM動画があるとは思わなかった。

壮大な機械なのにやってることが「濾紙のひだ折り」というなんとなくルーブ・ゴールドバーグ・マシンことピタゴラ装置という感すらするので、こんなもん自動で作ってどうすんねん!という方も多いかと思います。こういうものほど無駄に欲しくなるから男ってホントバカ。

が、それは小スケールラボでの感覚。分析センターなどの専門機関では濾紙を使うのが日常茶飯事、それも大量に使うので、四六時中こんなもん人力で作ってられるか!ヽ(`Д´#)ノという風にもなるそうで。それがこのマシンで帰りがけにポチっとな(古い)するだけで朝来たら大量にひだ折り濾紙が出来ているという優れもの。
ほかにもメリットとして

・コンタミを極力防ぐ
やっぱり濾紙折るのがへたくそな奴がいるのでそういったしょうもない理由によるばらつきとか無駄になるやつがなくなる

が挙げられていました。ひだ折るのはいいんだけど先端とんがらせない派で先っちょをどう丸く残すかに割とこだわるので折るのはあんまり人のこと言えない・・・


とは言っても大学、研究室スケールでこんな自動ひだ折り機を持っていてもなあ・・・という声に対応した、手動で綺麗にひだ折りする機械も同時発売されております(ROSSI I)。レバーをガシャコンとするだけで簡単にひだ折り濾紙が出来上がるのでこれは便利!ずっとレバーをガシャンガシャンしてたい!ちなみに、さっき書いた分析職に向けた需要が先にあるので、開発順序は全自動機が先で手動のが後だそうです。

自動ろ紙折り06.jpg


まあ言うて濾紙にひだをつけるだけなので、大学であればお値段的にも需要的にも各研究室に一台導入するようなものではないでしょう。ただ、学部か学科の共通設備としてレバー型のやつを1台持っておけば、学生実験用のも含めて準備は楽になるんじゃないでしょうか(研究室用なら係きめるかなんかしてまとめて大量に折っとくとかして)。学生実験だと折らせるのも教育の一つだからどうするかはなかなか悩ましいですが。あと、中の人曰く、「発売されたばっかりだから高いけど、みんな買ってくれたらどんどん↓↓」だそうなのでみんな買おう!(他人任せ)

デモや貸し出しも行ってもらえるそうなので、もし興味がある方がおられましたら、ADVANTEC東洋の方に問い合わせてみてください。
そんな「おまえ何しに行ったんや」レポートでした。仕事はしてるから・・・してるから(震え声

by カエレバ
posted by 樹 at 12:00 | Comment(2) | 展覧会・イベント行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的は好きですけど、最初から折った状態で売れば良いんじゃないんですかね
Posted by at 2018年07月12日 19:41
たしかにその通りで、実際Whatmanでは折られたものも売られています。
https://www.gelifesciences.co.jp/catalog/1317.html

ただしその値段は折ってないものと比較して3倍以上もします。いうほどろ紙を使わないのであればともかく、頻繁に大量に使うところだったり、もしくは学部学科トータル使用量から考えて、折ってない安い方買って自前で折る方がコストは抑えられるのではと思います。初期投資をどこまで回収できるかというのもありますけど。
https://www.gelifesciences.co.jp/catalog/1315.html
Posted by かんりにん at 2018年07月12日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: