2016年10月08日

第一回国際ナノカーレース2016

(2016/10/8 NIMS日本チーム特設サイトや動画リンクを追加)

ノーベル化学賞が先日発表になりましたね。対象は分子ナノマシンでSauvage, Stoddart, Feringaの三氏が受賞、順当な人がとった印象です。カテナン、分子エレベーターにナノサイズの実際に動く分子自動車などなど、最小のマシンと言えばマシン、おもちゃといえばおもちゃな感じ。



と、そんななかその化学賞受賞者Sauvage教授の地元国フランスで、本ノーベル化学賞対象の研究でもあるナノマシンを使った
第一回国際ナノカー(Nano Car)レース
が開催されるという情報が!なんというグッドタイミング!



NanoCarsRace
-Experience the first international molecule-car race-(CNRS)


レースと言っても車は分子レベルでとてつもなく小さいので、観察も顕微鏡を使って行います。ノーベル賞発表の時もFeringaナノカーの映像が出てましたよね。
でほんまにそんなちっこいのでレースするんかいな、と思ったらマジで金基盤上でレースやるっぽいです。
主なルールはこちら。

1)The track is 20nm+1 turn+50nm+1 turn+20nm
2)Maximum 38 hours of racing
3)One section of the gold surface per team
4)Maximum 6h to clean the track before the race starts
5)No tip changes for 38 hours
6)Pushing the NanoCar is not allowed Authorization to change the NanoCar

その他ルールはこちら、ただしフランス語で読めない・・・

そしてこのレース、なんと実際にチームスポンサーおよびイベントパートナーに
ミシュラン、プジョー・シトロエン、そして日本からはトヨタ!といった本物の車メーカーが参加しております。BMWは!?BMWはいないの!?

---------------------------------
2017.4.12 追記
ドイツチームのパトロンにもフォルクスワーゲンがついたようです。
---------------------------------

で、カーレースはチーム戦、国別というよりは研究所別で全6チームがエントリー。

地元フランスからは、今回の化学賞受賞者であるJean-Pierre Sauvageの弟子でもあるRappene率いるPaul-Savatier大Toulouseチームで、チームスポンサーとしてプジョー・シトロエンがついています。シトロエンブランドのナノカーとは胸が熱くなるな・・・
カーデザインはバカでかいアセン型ボディにトリプチセン型ホイールを付けた、まさにザ・車と行った形です。

フランスカー.jpg

他にもナノ人形ことナノプシャンの合成でおなじみのJames Tour教授率いる米国Rice大・オーストリアGraz大連合とかもいますが、ナノプシャンがドライバーやってないので省略(ぉ
各チームすでに「車」のスペックなどを詳細にページに載せていますが、唯一OHIO BOBCAT NANO WAGONチームが、巨大ホイール型分子がスペースフィル型で描かれてる以外、なんの詳細も載せていない謎チームと化しています。これ少年漫画だったら絶対悪役チームでウルトラハイスペック叩き出すパターンやで。


なお我が日本からは物質・材料研究機構(NIMS)+トヨタ(チームスポンサー)がエントリー。中西和嘉氏をリーダーとするNIMS-MANAチームが、ビナフチルをパドルとした「NIMS-MANAカー」で走ります。ちなみにカーレースだけあってパイロットもこのナノカーレースにはちゃんといて、NIMSチームはNIMSのトゥールーズサテライトのWe-Hyo Soe博士が担当です(ってCNRS本サイトには書いてあるけど、NIMSの日本チーム特設サイトだと南皓輔氏になってますね、変わったのかな)。

Molecule Car Race Japan Team特設サイト(NIMS)

NIMSカー.jpg



とここまで書いたところで、ホームページ見たら

"The participants in the NanoCar Race, initially scheduled for 14-15 October 2016, have agreed to postpone the event in order to give enough time for the teams to prepare and for the microscope to be optimized. This postponement is essential to make the event a true ≪ sports-science ≫ challenge."

と、なんか延期になってました(´・ω・`)
いつやるのかどこにも書いてないのがちょっと不安。

---------------------------------
2017.4.12 追記
ついに2017年の4月28日に開催されることが決定しました。
---------------------------------

いずれにしてもナノマシンが受賞したばかりの絶妙なタイミングでのこの大会、注目しておきましょう!

2016/10/19追記
諸事情により来年に順延になったそうです。せっかくいいタイミングだったのに(´・ω・`)


まってた.jpg

※ナノ暴走族の方はおかえりください

どうでもいい話、ナノマシンと言われるとエメラダとかカレルレンとか真っ先に思い浮かべるゼノギアス脳な私。

もっとどうでもいい話
カーレースというとF1でF1というとT-SQUAREのTruthを思い浮かべちゃうのですが、様々なアレンジのあるTruthの中では"Truth 1991"が一番だと思ってる


posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442612425

この記事へのトラックバック