よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2013年03月16日

RSSリーダー、NetvibesとFeedlyを試してみた ①Netvibes編

『グーグル、RSSリーダーやめるってよ』

( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚) は?

という衝撃の通知でこんな風になった方が世界中に溢れかえっているようで。私もその一人ですが。

新着論文・ニュースからブログ更新通知まで漏らさず通知してくれるRSSリーダー。以前は「通知多すぎて読めない!たすけてー(;´Д`)」ってなポストをしたわけですが、そうは言ってもいつ更新があるか分からないウェブ公開版論文やブログの情報を漏らさないようにするはRSSは重要なツールです(逆に言うと更新日が決まっているなら通知増えてうっとおしいだけなのでRSSは登録してません、NatureとかScienceとか)。

と、そんなRSSリーダーの中でも群を抜いて便利で圧倒的利用者がいたはずのGoogle Readerが「利用者が少ない」という(表向きの?)理由で無くなってしまうことになりました。なんてこったい!
もっとも無くなるのは7月なので今慌てふためく必要もないのですが、無くなることが分かってるのに安穏と過ごすのもアレなので引っ越し先を色々探し求め、よさげなところを調べて登録し試してみました。

そのなかで世間的にも評判がよさそうだったNetvibesFeedlyを軽く(欠点も添えて)紹介します。移動先探しで色々と苦労したし、今も引っ越し先探してる人もいるかもなので、突貫で書いてみました。

なお国産のLivedoor readerも試してみましたが、そもそもβ版だったのと「フィードの名称が変更できない」っぽくて整理がきかなかったのでやめました(ほんとに出来ないかどうかはわかりません)。Yahoo readerの方はYahoo好きじゃないから無視(酷
あとYahoo Pipesはよくわかんないので諦め('A`)
Netvibes(accessed, Mar, 16, 2013)

iGoogleの代わりにNetvibesはいかがでしょう?(MAKA-VELI.COM, accessed Mar, 16, 2013)

おフランス生まれのポータルサイトNetvibes。有料版のアカウントもありますがRSSリーダとしてだけ使うなら無料で問題なし。また登録もFacebookのアカウントがあればいちいちアカウントを作らなくてもそのまま入れちゃいます、これは楽チン(゚∀゚)。なおiPhone等用のアプリはない(昔はあったっぽいけど)のでブラウザ経由のアクセスになります。フィードのデータ移行にはgoogle readerからのエクスポート→Netvibesへのインポートが必要で、ケムステさんで紹介されている方法とほぼ同じなのでそちらを参考にしてください。

さよならGoogleリーダー!そして次へ...(Chem-Station化学者のつぶやき)

で、このNetvibesを一言で表すとするなら「iGoogleっぽい」という言葉に尽きます。その画面がこちら↓

netvibes 00.jpg

これなんてiGoogle?いえいえこれがウィジェット表示モードでのNetvibesです。愛用者ならご存知でしょうが、iGoogleもこの度リストラの憂き目に遭っているので、両方気に入っていたという人にはうってつけと言えます。ど真ん中にgoogle検索窓があるのでそこで検索することも可能で壁紙もかなりオサレな奴がそろってます。
このウィジェット表示はボタン一発でリーダー表示に切り替えることができ、

netvibes 0.jpg

今度はGoogleリーダーっぽい感じの表示になりました。表示方法もタイトルだけ、モザイク表示(6個くらいの小さい四角を並べてまとめて見られるスタイル)、Abstや続きを読むまで表示させるスタイルなどが選べます。また日本語にも対応しているので動作が分かりやすくなっているのも特徴。編集やジャンル分けやタグ作成等も簡便に行えるし、フィード名も変えられます。一番google readerからの以降で違和感がないし、個人的にはこのリーダー形式表示が見やすくて(違和感なくて)好きですね。ただこのままだとRSSの登録が出来ないのでアドオン等をインストールして設定変更出来るようにしたり、ボタン一発登録出来るようにしたりしておきましょう。下のサイトに方法と行き先の紹介があります↓

カスタムポータルサイト「Netvibes」ユーザーに便利なツール。(Mozilla Re-Mix, accessed Mar, 16, 2013)

欠点はというと、各所で言われている通り「動作がもっさり」なところ。まあ色々機能付けてるからしょうがないかという気もしますし我慢ならないようなものではありません。問題なのはRSSの更新を拾ってくるのがgoogle readerに比べてかなり遅いということ(逆に言えばgoogle readerの取得の早さが凄まじかったということ;後述のFeedlyも多少遅め、但しNetvibes程ではない;Livedoor readerはnetvibesと同じ位)。まあ平日は働いてるか何かしてるわけだからそんな急いで更新拾って来なくてもいいと言えばいいのですけどw

あとちょっと困るのがiPadなどのタブレットやスマホなど、iOS上での表示に問題があるところ(Androidは不明)。日本語表記の場合にはなぜかリーダーモードにした時にウィンドウが小さくなってしまうのです。
具体的に絵を出すと↓
netvibes 1.jpg

英名の論文誌の場合、こんな風に十分な大きさのウィンドウになるのですが、これが日本語フィード名になると

netvibes 2.jpg

あれ?なんか細くなってない?
という風に、なぜか日本語フィード名の下にウィンドウが伸びてくれないという仕様
この現象はWindowsのPCでは起こっていません。iOS限定なのか他でも起こるのかうーん。
で、自分のブログの場合だと↓

netvibes 3.jpg

狭っ!!

こんなん見れるか!ヽ(#`Д´)ノ
となっちゃう困った症状があります。
ただPC上で見る分には一番動かしやすいのがNetvibesという印象です。なのでPCでは今のところこのNetvibesを使っています。

次はFeedlyの紹介なんですが、長くなったので分けます。↓
RSSリーダー、NetvibesとFeedlyを試してみた ②Feedly編


posted by 樹 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 化学とネット・PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。