よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2013年01月18日

論文消化の話

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします(遅
更新頻度更に下がりそうな予感がぷんぷんするんですが月一位はキープしたいなあと思っております(;´Д`)

で、大体書いてるネタは新着論文をきっかけにしてそこで気になった事柄を軸にして色々まとめるミニレビューっぽい形を取って書いてきています。気になるのがあれば単発でも取り上げますが、大体どっかがやってたり先に取り上げられたりするとかなるので、オリジナリティー(?)を出すためになるべく避けてます。おかげで書くのとまとめるのが至極メンドいのでますます遅筆化しておりますが(;´Д`)

論文からだけでなく雑誌記事からたどることもあり、C&ENとNatureの記事を元にしたロミオ・ブルーとジュリエット・ブルーの話なんかはそのタイプです(有機分子のロミオとジュリエット)。大元の論文は普通の論文チェックでは絶対見ないジャーナルでしたし、あれくらい複雑な経緯をたどっているものだと雑誌記事として背景ごとまとめてもらえないと全体が見えてこないので、そういった意味でも記事としての紹介がなかったら拾って来れなかったところです。

ただ、「新着論文をきっかけに」というのが最近結構ネック。なんせ「新着論文」が多すぎるのできっかけに出来るほど読み込んでられないというのが困ったところ。天然物合成であれば別に文章を読まなくたってスキーム見てれば大体分かるわけですが、この反応の時どうだったとか、実はこういう反応経路だったとか知らなかった試薬や反応(ネガティブな結果だとスキームには載らない)というのは文章を読んで行かないと出会えません。

便利なもので、昔はいちいちjournalのサイトに行ってチェックしていたものがRSSフィードのおかげで向こうから新着を教えてくれるようになりました(図書館や書庫に行かなくてよくなっただけでも十分便利なんですけどね)。逆に言えば頼んでないのに向こうから大量にやってくるわけでこれが結構しんどい。特に最近は論文のpublishするサイクルが恐ろしく早くなった上に、新論文誌が続々と創刊、Nature系でもNature communicationsScientific Reportsなんてのも増えましたしWileyでもAsian Journal of Organic Chemistryが去年から増えています。増えはするけど廃刊とか統合とかって話殆ど聞かないんですが。

論文更新頻度でいうと特に某英国化学会誌の異常なまでの発行サイクルのおかげでRSSフィードが大変なことになってもはや読む気をなくすレベル。RSSフィードの新着論文数を一度に100件以上まとめてズドーンと持って来られると、新着をみて
(`・ω・)おっ 、みっけ
となるのを通り越して
(;´Д`)いやああああ!もうゆるしてええええ!
てなってしまってます、もはや苦行。しかも新着中の新着なのでGraphical Abstの表示もなし、文章いちいち読まないとどういうものなのかが分からないからほんとにかったるい。ワクワクしながら新着漁ってた時代はどこへやら、もはや機械的に新着消化したり大量消化のために超ななめ読み化してしまうとか困ったことになってます。どうしてこうなった!

チェックしている論文誌が決まっているならあえてRSSフィード登録しないで論文誌サイトを定期巡回する方が「フィード消化というノルマ」が無い分気軽に探せるような気がするのでメジャー処はRSS外そうかとも思っているところですがどうでしょうか。ちなみに私は更新頻度が少ないScience、Natureに関してはRSS登録せずに新刊がupされる毎週木曜・金曜にサイトに行ってチェックするようにしています。もっとも特集記事もまとめて読みたいから、という理由が大きいのですけど。

いずれにしても大量の論文誌に大量の発表論文、これら全てをフォローするのは不可能で、興味があるはずの論文でも取りこぼしてしまうことは避けられません。そういった取りこぼしを減らす意味でもポータルサイトや各種ブログでの新着論文紹介(最近立ち上がったところでいえば有機化学美術館主催のChemASAPなど;論文誌が用意しているものであればワイリー・サイエンス・カフェなど)の重要性はますます上がっていくのではないでしょうか。 逆に皆見てる分、雑誌会の論文は選びづらくなるかもしれませんが・・・(でも地雷論文踏む確率も減るかな)。

と、年末年始次々にたまっていくRSSフィードの山を出先で見ながら「ああ戻ったらこれ全部消化するのか(´・ω・`) 」とゲンナリしながら思ったのでした。そしてこれを書いている最中にも次々と新着のお知らせががが。便利すぎるのも考えものですな。

ちょい参考:肩凝り大学院生の非日常-『感想』の回-
新着雑誌記事速報から始めてみよう―RSS・APIを活用した図書館サービス (JLA図書館実践シリーズ 21)


posted by 樹 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分はYahoo Pipesを使ってRSSフィードを統合+キーワードで抽出し、ダウンロードするようにしています。
Posted by at 2013年01月18日 23:53
なるほど、キーワード抽出という手もありますか。
それは考えてなかったです。
でもひっかからないものでも結構必要なものがあったりするので結局全部見てしまうという。。。

RSSフィードがなかった時は木~土の週後半にかけてACS+WileyのASAP論文探してました。後半に一気に更新されてた(傾向があった)ので。

あとはRCSの一度に50も60も新着通知を送りつけてくるスタイルをどうにか改善してもらいたいところです。
Posted by 管理人 at 2013年01月20日 02:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。