よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・−オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!−青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密−
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
竜の血の赤、虫の赤
撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2012年05月28日

光延"反転"の話

前回の続きー。
光延反応はホスフィンとジアゾカルボン酸エステル、求核剤(カルボン酸やアジドなど)を用い、水酸基を直接SN2で置換する反応で、2級アルコールの場合には立体反転することになるので、望まない立体化学の水酸基の反転や、直接官能基の導入によく用いられています。

光延基本.jpg
光延反応機構.jpg

また、分子間で官能基導入をするだけではなく、大環状骨格の形成にも用いることが出来、通常の縮合法とは異なり、水酸基側を活性化して立体反転を伴ってマクロラクトン化させることができるなど幅広く応用出来る反応であります。

光延ラクトンMaier.jpg

そんな光延反応の様々な利用法を前回紹介してきました。

ところで、




錯覚.jpg

カルボカチオン経由?いえいえ、完全立体保持もあるのですよ。

スポンサーリンク




例えばAB Smithらのzampanolideの全合成研究において、マクロ環化に使うためのHWE反応ユニットを加えるため、水酸基の反転を伴ったリン酸エステルカルボン酸部位を光延反応にて導入したところ、カップリングしたエステルが収率99%にて得られました、水酸基の立体保持で。

立体保持光延Smith.jpg

実は最初に挙げた反応機構にはある部分が欠けています。それは活性ホスホニウムイオンが生じた後の部分。ホスホニウム塩がくっつくのは水酸基だけではなく、カルボン酸が活性を受けた形のものとの平衡状態にあるのです。普通は水酸基が活性化された方が反応が進行するので立体反転で反応が進行するのですが、カルボン酸にホスホニウムイオンがくっついた場合、活性化されているのはカルボン酸側、つまり酸ハライドと同等のものであるため通常の縮合反応、エステル化同様のカップリングが起こってしまう経路も存在するのです。こうなれば当然水酸基の立体化学は変わりません。

光延立体保持反応機構.jpg

そもそも光延反応は立体障害にかなり敏感な反応であり、進行しないことも多いのですが、進行したと思ったら代わりにカルボン酸側が活性を受けて巻いてしまうという罠も仕掛けられているわけです。上記のSmithらのような分子間の光延反応でここまで顕著に影響がでるのは珍しいですが、この傾向は分子内での光延反応の場合特に顕著にみられるようです。Deshongらは光延ラクトン化における生成物を調べた結果、何の問題もなく反転でラクトン化していた基質が、水酸基周りに置換基を増やしていくことで、立体保持のラクトンになってしまうということを報告しています。

立体保持光延DeShong分子内.jpg

じゃあ見た目に混んでれば保持なのかと言えばそんな単純でもなく、DeBrabanderらのPeloruside Aの全合成研究において得られた各種官能基異性体で光延ラクトン化を行ったところ、立体が保持であるもの、反転を起こすものとに分かれました(残り1種類の異性体はどうなるのか気になるところですが、残念ながら記述なし)。一方で小林らの場合では、2級アルコールで両脇にPMB-oxy基がついていますが、問題なく反転で進行しています。どうも立体保持の例を見ていると水酸基のα位やβ位に炭素分岐を持っているものが多いような気がします。あくまで個人的な感想ですが。

DeBrabander 保持と反転全合成.jpg
Khafrefungin.jpg

これがアリルアルコールともなるとさらに話はややこしくなり、置換反応がオレフィン側から起こったSN2'反応も混ざってきます。SN2'反応はsynでもantiでも起こるため余計出来るものが増えてしまいます。またこの光延反応は反応生成物の比が溶媒によって結構変わってくるので、溶媒選択も重要な要素と言えます。この結果から(必要性があるかどうかはおいといて)不斉中心が水酸基一個しかないような基質に対し、光延反応を用いた場合、光学純度の低下を招く恐れがあるということが言えますので、もしやる人がいれば生成物のeeは測っておいた方がいいでしょう。

光延アリルアルコールSN2'.jpg

というわけで「くっついた!やったー!」と思ってもこういう「なん・・・だと・・!?」ってなこともあるので注意してね、というお話でした。前回の前振りやんないで今回のこれだけでよかったんじゃないかとも思ったり。
by カエレバ

by カエレバ
posted by 樹 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎有機化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック