期末試験も近いらしいので: たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-
よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2011年12月26日

期末試験も近いらしいので

期末試験が近いのか、検索ワードにそれっぽいのが並ぶようになってきました。
というわけで有機化学の基本のまとめをば。


と言っても過去のものを掘り返すだけですが。
大概の有機化学の約束事等に関しては過去のやつにまとめてあるのでそちらをご覧ください。最初のやつは一年も前のポストか―、遠い昔のようですわ。

・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
Fischer投影式を書きなおす方法について。


・ニューマン投影式の理解の仕方
Newman投影式の見方などについて。


・R/S表記やE/Z表記など
RS表記、EZ表記の分かりやすい(?)覚え方などについて。


Baldwin則がひっくり返った話
Baldwin則について、って言ってもまあ学部の授業じゃ関係ないか。


とそんな手抜きで終わらせるのもあれなのでちょっと追加。
Fischer投影図に関しては主鎖が縦になるようにするというのがルールとなっています。調べるとどうも上下に関しては別にどっちでもいいらしいですが、アルデヒドなど酸化度が高い方が上(aldoseなどの糖の場合アルデヒドが上)にする書き方が殆どですのでそれに倣っておきましょう。
で、過去に答案でたまに見たのですが、スペースの都合なのか主鎖を縦にしないで横でもいいじゃん、としてしまうものがあるのですが、こうしてしまうと全然違うものが出来てしまいます。sp3炭素が正四面体を描くように結合種を四方に出していることを思い出してもらった上でFischer投影図のルールに則ると、縦軸の二つの結合が下向きの結合、横軸二つが上向きの結合となるため、有名な例ですがグリセルアルデヒドを使って試すと、仮に主鎖を横にしてしまった場合には、正しいFischer投影図で書いたものの鏡像異性体(Enantiomer)になってしまいます。これでは正しい物が描けません。

fischer.jpg

これをよくFischer式で書かれるアルドース類に対してやってみた場合、D-グルコースのFischer図の背骨を描いたところで、その主鎖を寝かして書いてしまうとL-グルコースになってしまいますので注意。まあ横に寝かしてD-グルコースになるように書きなおすこともできますが、そんなメンドいことするくらいなら最初から縦に描いた方が・・・(clickで拡大)。

fischer2.jpg

Fischer投影式からジグザグへの変換法については以下の論文でも同様の方法が薦められています。
Understanding Fischer Projection and Angular Line Representation Conversion
Moreno, L. F. J. Chem. Educ. 2012, 89, 175-176.


さて、学部生だけでなく院生も場所によっては校舎から完全に追い出されることもある冬、正月休み。家で休むのも良いですが、せっかく家にいるんだからNMRの残った帰属や修論、卒論など実験をしなくても進められるようなものをやっつけるいい期間でもあります。無論学部生は期末試験が待ってますのでこの時期にレポートや試験勉強等で固めておきましょう。

まあ休みをどう過ごしても問題はないわけですが、あまり余裕をかましすぎてこーんなことになっちゃわないように気をつけてくださいね・・・・









シロクマレポート.jpg

posted by 樹 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎有機化学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック