雑記-髪の毛とか映画とか-: たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-
よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2011年01月14日

雑記-髪の毛とか映画とか-

描きたいネタはたまってるんですがいかんせん書くのに疲れるので進まず・・・。
まあここも一個人のブログなので雑記的なもの書いてもいいよね!
とは言っても化学ネタですけど。


世界最小の元素記号表は髪の毛1本に書いてある! : ギズモード・ジャパン


化学に詳しくない人からみれば「で?」とか言われそうですが、こういう割とくだらないことを示すことが重要だったりするのです、というか世に直結して役立つものなんて早々ないですし。「今の技術をもってすればこんなことだってできちゃうんだぜ!」ということを示すことが装置なり技術なりの威力を示すことにもなりますから。天然物合成とか超分子合成もそんな感じ?

しかしこういうミクロの彫り物だと、ちょっとカメラずれたりするとどこに描いたのかすぐ分からなくなりそう・・・・。くしゃみなんかしようもんなら処刑モンですかねw(そんなクシャミで飛ぶようなサンプルの置き方はさすがにないが)



もういっちょネタを。管理人は全然映画みない人(たった一回見るだけで\2000弱取られるのが許せない、とも言う。逆に飛行機に乗った時の映画は寝る間を惜しんで見まくる)なのであれですが、映画の話。これ知らなかったんですけど去年やってた映画だったんですね。

『さくら、さくら -サムライ化学者』

アドレナリンを発見した高峰譲吉の話だそうです、と言ってもあらすじを見る限りケミカルなないようじゃなさそう・・・。ですが黎明期に一人アメリカにわたって最先端化学者と渡り合ってきた伝記ということだけでもありではないかと。3月5日公開だそうです。

なお、高峰譲吉の発見した「アドレナリン」の紆余曲折に関してはwikipediaや色々な本でも読める通りですので割愛。もっというなら映画のサイトにも書いてあります。それにしてもアメリカは未だに「アドレナリン」ではなく「エピネフリン」なんですねえ。

posted by 樹 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機化学雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック