エポキシドからアリルアルコールを作る-Mioskowski法-: たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-
よくアクセスがあるものをまとめておきました。右バーのカテゴリ別も参照ください。

レポート・実験データ等のまとめ
・研究室に貼っておくと便利な表などをあつめてみた(現在も随時更新追加中)
・検索・計算に使える化学サイトをあつめてみた
・特殊記号の出し方・ショートカットキーまとめ
・MS WORDショートカットや特殊アルファベットの入力法まとめ
・Powerpointのショートカットキー
・出版社ごとのオープンアクセス化費用をまとめてみた(有機合成化学向け)
・ネットコンテンツを参考文献に挙げる話
・情報ソースはウィキペディア、な論文の話
・タダで読めるけど・・・-オープンジャーナルのあやしい世界
・最近のOLのはなし

材料化学・自然化学・疑似化学
・ボーイング787の窓の秘密とクロミック材料の話
・アメフラシの紫汁の謎
・タコが光ってもいいじゃなイカ!-青い毒タコ・ヒョウモンダコ科の秘密-
・やけど虫の毒と抗がん活性
・世界一大きい花の臭いの話
・竜の血の赤、虫の赤
・撤回された天然竜血分子が全合成で確かめられた話
・はじけるキャンディ・ドンパッチの話
・危険なDHMO? SDS(MSDS)の話
・水を脱水した話
・高校生が高価な薬分子を格安で作った、という話
・人工分子は天然に存在しないのか―抗がん剤分解物は妖精さんだった話―
・創薬分子が天然から採れた!!と思ったら・・・な話

有機合成化学実験
・Swern酸化の利点
・光延"反転"の話
・実験、爆発:やってはいけない組み合わせ
・モレキュラーシーブスは塩基か酸性か
・TBAFにモレシな話
・モレキュラーシーブスの乾燥法で収率が変わった話
・原料の不純物で反応が行ったり行かなかったりした話

大学講義の初級有機化学
・フィッシャー投影式をジグザグ式に変換する方法
・ニューマン投影式の理解の仕方
・R/S表記やE/Z表記など

2010年10月24日

エポキシドからアリルアルコールを作る-Mioskowski法-

さて、一発目の内容なんですが有機化学反応から言ってみようかと思います。まあ最新の論文を紹介してもいいんですがいろんなブログでやられてるのでそれよりもちょっとした、既に確立されているけど案外知られてない小ネタなどを中心に書いていこうかと。

というわけで今回取り上げるのはMioskowski法というエポキシドからアリルアルコールを合成する方法。


アリルアルコールはそのオレフィンを利用してメタセシス、シグマトロピー転位等様々な変換が行える重要な官能基です。が、それを立体化学を制御して合成しようとすると案外困ってしまうものです。ケトンをビニル化したり、エノンを還元したりしてもアリルアルコールにはなりますが、立体選択性に問題がある場合がままあります。一方でエポキシドに対する求核付加反応を行った場合、エポキシド根元の不斉は保持されますからこれだと確実に立体制御が行えます。が、エポキシドに単純にビニルアニオン種をくっつけてもホモアリルアルコールにしかなりません。では、エポキシドに対してどういうものをくっつけてやると立体化学的に純粋なアリルアルコールを合成することができるでしょうか。
反応 01.jpg
反応 02.jpg

エポキシドからアリルアルコールを作るためには増やす炭素はたった一つ、そしてその増えた炭素分は不飽和結合になる必要があることから脱離基が必要となる、つまり『求核種としての性能と脱離基を持った炭素原子』をくっつける必要があるのです。そんな都合のいいもんがあるかい、とお思いですがあるのです。Mioskowskiらは過剰量のスルホニウムイリドをTHF中エポキシドへと作用させることで、アリルアルコールへと変換する手法を見出したのです。この際、エポキシドの不斉は保持されるので完全に単一の立体化学を有するアリルアルコールを合成することができるのです。(clickで拡大)
反応 03.jpg

エポキシドに求核付加した後はイリドではなくスルホニウムカチオンとなるため、ジメチルスルフィドを脱離基とした脱離反応が進行します。この脱離機構は、過剰に用いたイリドによるE2脱離と、求核付加後に生じたスルホニウムカチオンから生じたイリドによる分子内でのsyn脱離の2つが考えられます。

ここで有機化学をやっている人なら気付いた人もいるかもしれませんが、イリドを発生させるトリメチルスルフォニウムヨージド、実はこれ、ケトンからエポキシドへと変換する際に用いられるCorey-Chaykovsky反応に使われる試薬として知られています。よってこれを利用することで、ケトンに対してこの反応をかけるとCorey-Chaykovsky反応が進行し、エポキシドを形成した後に更に反応が進み、結果的にケトンに対してビニル基を付加させた化合物を得ることもできます。つまりケトンに対するビニルアニオン種の求核付加反応の別法と言えます(残念ながらアルデヒドではうまくいかないようです)。(clickで拡大)
反応 04.jpg

この手法は汎用性が広く、単純な脱離基を有するアルカンに用いれば、一炭素増炭してビニル基を導入することもできるし、アジリジンに対して用いることでアリルアミンとすることができます。(clickで拡大)
反応 06.jpg

今までは末端のエポキシドなどについてみてきましたが、内部のエポキシド、アジリジンでも反応は進行します。しかしtrans体は反応せず、cis体からの生成物しか得られないという欠点もあります。(clickで拡大)
反応 06.jpg

しかし以下のようなデザインの基質に対して反応を行った場合ではcis/trans関係なく反応が進行し、アリル位にアルコールを持った共役ジエンを作ることが可能となります。反応機構としては末端のハロゲン化された炭素から反応が進行し、ビニルエポキシドを経由していることから立体電子効果による寄与によりcis/trans両方とも反応が進行していると考えられます。(clickで拡大)
反応 07.jpg

Corey-Chaykovsky反応を行う場合にはDMSO存在下行われますが、このMioskowski型反応の場合にはTHF, etherが用いられます(普通はTHF、うまく進行しない場合にetherが検討されている)。またイリド源であるオニウム塩もカウンター陰イオンによって反応性がかなり変わるようです。このトリメチルスルフォニウム塩はメチル化試薬(MeIやMeOTfなど)と悪臭で悪名高いジメチルスルフィドとの反応で容易に調製できるので反応性が悪い場合には是非調製してみてください。僕は嫌ですw

ちなみに幸いにしてトリメチルスルフォニウムヨージドは市販されていますし、高い試薬でもありません。
posted by 樹 at 23:53| Comment(0) | 有機化学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください